16日、リップル社はXRPを用いた決済システム「xRapid」のパートナーに、海外大手取引所3社を追加したことを発表した。これで、参加した3社はXRPを通して瞬時に法定通貨を換金できるようになる。


リップル社が海外取引所3社と提携

今回、提携を発表したのは、Bittrex、Bitso、Coins.phの3社で、それぞれ米ドル、メキシコペソ、フィリンピンペソがXRP Ledgerを通じて決済可能となる。公式プレスとコインデスクの取材によれば、今後提携する取引所は追加していくとのことだ。日本でも人気が高いXRPだが、取引量が増えていくのかは今後も注目だろう。


国際送金テストではコスト削減も

xRapidは、リップル社が提供する決済ソリューションであり、現在数多くの銀行と提携し、良好な結果を得ている。今年5月には、米国とメキシコ間のテストに成功し、コストは最大で70%削減され、送金時間は2日かかるものが2分に短縮された。今回の発表に伴い、リップル社マーケティング戦略チーフ、コリー・ジョンソン氏は以下のように述べている。

「ビットレックスに口座がある金融機関は、 xRapidを通じて米ドルを決済できる。この米ドルは、ビットレックスで瞬時にXRPに換金され、 XRP残高はXRP Ledger越しに決済される。そして、Bitsoはメキシコペソのプールを通じ、XRPを法定通貨に変えることができる」

また、3つの取引所を選んだ理由については以下のように述べた。

「3つの取引所は各国における有名な取引所であり、流動性の高いXRPの所有量があるため選ばれた。xRapidのサービスを使用し、資金を送金するために アメリカ、メキシコ、フィリピンの顧客全員がこの3取引所を使うのを推奨する。XRPを所有する会社はたくさんあるが、より多くのXRPを持ち、流動性を増加させる3つの取引所を選んだのだ」

今回、提携を発表したCoins.phのCEO、ロン・ホス氏は、海外のフィリピン労働者が安価な手段で実家へ送金できるようになるのに期待を寄せているようだ。仮に、今後コインベースのような大型の取引所と提携すれば、特大トピックとなるだろう。引き続き、リップル社の動向には注目だ。