韓国の仮想通貨取引所Coinrailは6月10日にハッカーによる攻撃を受け、今日はユーザーの損害賠償案が出ています。その賠償者は、ハッカー攻撃を受けたCoinrail取引所ではなく仮想通貨発行者でもない。このうちDENT発行会社は、損害に対して全額賠償を行うことを示しています。しかし、圏内の投資家たちは、このCoinrailの賠償案について批判しています。その原因は、取引所がハッカー攻撃されているが、賠償は仮想通貨の発行側によって負担される。