上海証券新聞によると、昨年から現在まで 深圳の株式市場で54社の上場企業はブロックチェーン、雄安新区と海南省自由貿易ゾーンなどホットスポットのコンセプトに関する情報、またはユニコーン企業と投資協力に関する情報を明らかにしたという。しかし、19 社のみ実際の資金流入があり、それに流入資金が少ない。 残りは皆実質的な進展がなく、初期の段階に停滞している。深圳証券取引所は上場企業がホットスポット コンセプトを介して誇大宣伝し、ちらつき型情報開示がつねに関心の焦点となっている。