もしあなたはあらゆる暗号化通貨、ビットコイン、ライトコイン、エテリアム、NEO、或いはその他のERC20トークンを発送したことがあるなら、必ず暗号化通貨アドレスのことが知っているかと思う、それをウォレットと呼んでいるかもしれない。実は、ウォレットとアドレスが暗号化通貨において本質的な区別がある、今回はそれについて皆さんに説明しよう。

 アドレスとは何なのか?アドレスはランダムで選択したアルファベットと数字が組合わせられた文字列である。全ての暗号化通貨に対して、複数のアドレスを登録し、所有することができ、現実生活で複数の不動産が持っているのと同様である。中本聡のビットコイン白書の中で、中本聡はビットコイン取引を行う時に、その都度新たなアドレスを使用してセキュリティとプライバシーを保証するようにアドバイスした、暗号化通貨アドレスの所有は無料である。

 全てのアドレスにプライベートキーがあり、一つの家に一つの鍵があるのと同様で、プライベートキーと呼ばれたのもその機密性を強調するためである。このプライベートキーを持っている人は必ずきちんと保管し、第三者に知らせないようにしないといけない。このプライベートキーの作用はそれが対応する暗号化通貨のアドレスのロックを解除するためである。

 一つの家に複数の合鍵が作れるのと同じように、プライベートキーもコピー、発送、複写できる。もちろん、その内のどれかのコピーが失えば、そのアドレスは他人にアンロックされる危険があるので、必ずプライベートキーをきちんと保管しないといけない。

 中本聡が毎回の取引に新しいアドレスを使用するようにアドバイスしたのは、面倒くさいのではないかと質問する人がいるかもしれない。この時にウォレットの役割が現われた。全てのウォレットに一つのアドレスがデフォルトされるが、ウォレットはアドレスとイコールではなく、一つのウォレットは複数のアドレスを代表することができる。我々はウォレットを現実生活にある財布として想像し、アドレスをクレジットカードと想像すればよい、だがこの比喩は完全に適切だというわけでもない。筆者はもっといい比喩は、暗号化通貨ウォレットをキーホルダーと想像し、キーホルダーに付けられている鍵を一個一個のアドレス及びそれぞれのプライベートキーとして想像したほうが分かりやすいと思う。

 ウォレットは全部で三つの種類がある:ブラウザーウォレット、デスクトップウォレットとハードウェアウォレット。MetaMaskは一つのグーグルブラウザープラグインであり、非常に典型的なブラウザーウォレットでもある、それはウォレット及びアドレスをウェブサイトへ接続し、プライベートキーはオフラインで使用者に提供することができる。デスクトップウォレットは一つにデスクトップソフトウェアであり、最も共通しているウォレットのタイプでもある、例えばExodusだが、それはプライベートキーを暗号化して、安全なところに保存する機能があるので、使用者は自分でプライベートキーを入力する必要がない。最後はハードウェアウォレットだが、最も安全性が優れたウォレットである。その理由は大半の認証操作が実体のハードウェアで完成しないといけなく、しかもプライベートキーも完全にオンラインで保存されるためである。流行っているハードウェアウォレットはLedger Nano Sとtrezorであるが、注意すべきのは、ハードウェアウォレットを購入する際は、必ず新品にしないといけない、中古品を買うと、盗まれるリスクがある。