注:狭義的コンセンサスはシステムにコードを書いてすべての誠実ノードがいっしょに従わなければならない約束である。例えばEOSが計算資源に対する請求権。広義的なコンセンサスは一部の人がトークンの目的に対しての認めを含んでいる。例えば、1Btcは生態の管理層では何の資源も代表しないが、徐々に多くの人がBtcを使ってほかの種類の経済産出あるいはコインを交換する。

1、トークンの価値の源

(1)    エテリアムERC20トークンのデータ構造が統一されているが、異なるプロジェクトのトークン市場価値はまったく異なる。ブロックチェーンテクノロジー企業が発行したERC20を除いて、伝統の会社のトークンアプリケーションだけを見て、トークンの価値源をより明確に見ることができる。Cindicatorを例にとると、このプロジェクトでは、さまざまなレベルと豊かさを持つインテリジェントな投票者評価信号を提供している。トークン(CND)を所有している数は、トークン所有者が対応するサービスを使用するためのしきい値として使用される。トークンの価値は完全に、スマートな投資アドバイスの分野におけるプロジェクト当事者自身の価値によって決定される。

(2)    トークンの価値をもたらしたのは創業プロジェクトだけでなく、すべての生態参加者のおかげである。言い換えると、トークンが代表しているものは、変化するグループとその変化のコンセンサスによって決まる。例えば、EOS ERC20トークンの正式な値は、EOS.IOシステムのホルダー配布テーブルに1対1の比率でマッピングする権利である。マッピング後、ERC20トークンはもはや正式な価値を持たない。しかし、このトークンは消えない。例えば、所有者が新しい意味を与えた場合、EOS作成者がトークンを記念して、新しい流通できる意味を持つ。

2、トークンと株の関係:

(1)    トークンと株式の間には必然な関係はなく、トークンが会社の所有者の持分を表すことができるかどうかは、通貨を発行した会社によって決定される。しかし、これまでのところ、トークンは世界中で自由に移動することができ(いつでも、どんな量でも)、トークンが違う参加者の間で移転する条件、流通範囲、開示内容などを完全に制限するプロジェクトはないので、実際には証券とは大きな違いがある。

(2)    ブロックチェーン経済下では、大企業や政府からより多くの経済活動が解放され、中小企業や個人は市場やビジネス環境でのスマートな契約によって調整される。このような将来の経済形態において、本論文は企業にとって、企業の権利と利益によって導かれるよりも、生態権益によって導かれる方が、企業の利益に沿う方向性であると考えている。言い換えれば、生態価値を表すトークンは、株式の生活空間を大きく圧迫するであろう。しかし、会社という組織形態がまだ存在する限り、株式は引き続きトークンと共生する。言うべきなのは技術レベルでは、ブロックチェーン技術を使用して株式の記録と転送を完了させる可能性もある。