B査の価格は十分に安いが、TwitterのCEOは週1万ドルがビット貨幣を購入する。牛市は、投資家の上昇を期待している。今回の量能力の反転の動きを振り返ってみると、B査の成算量の変化が顕著ではなく、EOSやL薬剤などが目立っている。つまり、US DTが日線の歴史が最高になったとき、資金はすべてBOBに流れ込んでいない。一部の資金は短線で人気のL医薬、EOS、BNBなどの貨幣の中に移動している。そのため、B医薬の勢いは低迷しているように見える。