CoinnessのアナリストArthur氏によると、ジュニパー・リサーチのデータによれば、ビットコインの一日の取引量は、2017年の36万枚から今年の9月の23万枚に減少し続けた;一日の取引金額は37億円超から6億7000万未満に減少したという。それに、技術指標では、BTCの変動幅は段々狭くなってきており、現在は方向選択に直面している。 BTCの価格が中長期的に上昇してほしければ、新しい市場(例えばETFなど)を開拓しなければならない。それに、通貨価格の上昇を維持するために大量な資金及び投資家の流入(規制の自由化など)を行わなければならない。しかし、現時点では、デジタル通貨の大規模な商業化はまだ現れていないし、実質的な価値の支持はない。結局、下落する可能性が非常に高い。しかし、デジタル通貨市場の冬が長くなればなるほど、ゴミプロジェクトは生き残ることが難しくなる。昨日、Binanceの四つの通貨が撤去され、それに伴い撤去の波が打ち切られようとしている。市場におけるアルトコインの資金は、ビットコインのような価値のある通貨に徐々に流れ始めるか、またはBTCやその他の価値のコインの短期的な通貨価値を安定させる。グレイスケール(Grayscale)社の最新データによると、BTCを選択した機関投資家の割合は57.6%から66.8%に上昇し、XRPは9.9%から12.5%に上昇し、資金の流れも確認された。加えて、中国中央銀行と米国は今後の「デジタル通貨基準」を見逃すことはなく、ビットコインとの競争は容易に起こらないため、マネーロンダリングと操作の問題は容易に緩和されない。この三者の関係については、関連記事をクリックして詳細をご覧ください。