2018年10月、バイナンスはアフリカ地域に法定通貨をペアに持つ仮想通貨取引所を設立し、遠泳を開始した。かねてよりバイナンスは、CZ 氏の発言から世界的な展開を行うことが予想されていた。アフリカへの進出もバイナンスにとっては、未来の為の一歩と言えるだろう。

 

そして、バイナンス・ウガンダの登録者は、4万人に登る見込みだ。

 

 

・バイナンス・ウガンダとアフリカ

バイナンス・ウガンダでは、数種類の仮想通貨しか取り扱っていない。例えば、イーサリアムやビットコインなど仮想通貨市場でもある程度の時価総額や規模を誇る仮想通貨をラインナップとして揃えた形だ。

 

しかし、1週間で4万人の登録者が居るということは、今後バイナンス・ウガンダへの登録者は数十万人以上の規模となる可能性が高い。加えて言えば、アフリカ地域での仮想通貨に対する理解・関心は高く、今後バイナンス・ウガンダに新しいペアが増加されることでアフリカ全域をカバーできる拠点として成長していくだろう。

 

また、ウガンダの人口のうち4分の3にあたる人々は銀行口座を有していない。つまり、自国の法定通貨があっても金融機関と連携していない為、金融サービスが生かされていない現状がある。その中で、仮想通貨は銀行口座を持たない人々が世界の金融に対して直接アクセスできる機会を与える。

 

ウガンダは、バイナンスが自国内で営業することを歓迎している。理由としては、バイナンスが自国内で経済活動を行うことでオフライン社会であるウガンダの状況を大きく変える可能性があるためだ。

 

オフラインとオンラインでは信頼構築の行い方が基本的に異なる。つまり、現状で数マ人規模の登録者が居ても、バイナンスがウガンダで成功するかどうかはこれからに掛かっていると言える。

 

バイナンスのワールドワイドな経営戦略はスタートしたばかりだ。そして、バイナンス・ウガンダはアフリカ地域に仮想通貨が流通するかどうかの指標となる。今後のバイナンス・ウガンダの動向には要注目だ。