財新網によると、7月23日、財新記者は孫宇晨とその会社と監督管理部門の連絡先を連絡した。後者は電話で確認した。これも鋭波科技がこれまで関連の監督管理部門に伝えてきた情報です。しかし同氏は当時、同社として正式には対応していないと強調した。財新記者によると、2018年6月から、監督部門は孫宇晨らに対してサイドコントロールの指令を出して、手続きが整っていることを確認しました。2018年7月、孫宇晨はアジアのある国を出国する時に自分が辺鄙にコントロールされて出国できないことを発見しました。とても焦っています。誰が発信したのかをあちこちに依頼しました。その後、関連の監督管理部門とコミュニケーションを取りました。7月下旬、韓国のソウル特別市にあるブロックチェーンパートナーサミットに招待されました。これまで営業チャンスを逃さなかった孫宇晨さんは今回ツイッターで発表した会場写真だけを通じて、出国できなかったことを証明しました。孫宇晨は2018年11月下旬に出国したアメリカです。彼はどういう方法で出国しますか?どうやって回り道したり、一時的にサイドコントロールを解除しましたか?まだ謎です。孫宇朝に近い業界関係者によると、2019年以来、孫宇朝はほとんど海外にいたという。