2019年第二四半期に、下層の公鎖は業界の時価総額の14.9%を占め、前四半期に比べてやや下がりました。頭部プロジェクトのうち、Etheeum、EOS、Toの時価総額と取引量は依然として上位3位にあります。その中でEtheeumは69%で主導的地位を占めています。
要点まとめ:1.2019年第二四半期において、下層のチェーンの業界における時価総額は14.9%を占め、第一四半期の17%よりやや下がりました。
主な原因は市場の上昇によるBitcoiへの資金流入によるもので、Bitcoiの市場シェアは一時より61.7%に達した。
2.2019年の第二四半期はTezosを除いて、各プロジェクトの投資収益率は正
市場価値ランキングトップ10の項目の中で、Etheeum、Qtumの投資収益率が一番高いです。EtheeumとOtologyの最大リターンが一番小さいです。
3.下層の公鎖類プロジェクトの評価点数が高いのは、主な原因は下の共通チェーンのプロジェクトの起動と開発の難しさが大きいため、このカテゴリーに位置づけられ、一定の成績を収めたプロジェクトの品質が比較的高いからです。
4.下層のチェーンの頭項目のうち、Etheeum、EOS、Toは依然として第1四半期の態勢を維持しています。市場価値と取引量は前の3つの位置を占めています。その中でEtheeumは69%の割合で絶対的な主導地位を占めています。
5.市価ランキング上位10の最下層の共通チェーンは既に本網にオンラインされていますが、生態建設上は相変わらずEtheeum、EOS、Toの3社がメインで、他のプロジェクト側は第二四半期に技術のレベルアップと生態発展建設などに集中しています。
6.頭の下の公鎖で開発されたDApp数は全体的に向上しています。現在開発者は主にEtheeum、EOS、ToでDApp開発を行っています。
DAppの数だけ見ると、Etheeum、EOS、Toと順になります。
7.頭下層の公鎖だけではなく、新晋ブロックチェーンのプロジェクト側も技術的に突破を求めてブロックチェーンの性能を向上させ、第二四半期は主にチェーン、スライス、プライバシー計算などの面に集中している。
8.ブロックチェーンの安全性問題は第二四半期にも厳しいままであり、2019年初めから第二四半期末までに起こった安全事件による経済損失は7.31億ドルである。