このほどの事件を調査した「毎日ニュース」では、2016年以降、プライバシーを中心の仮想通貨Zcash、Dash、Moneroを利用したマネーロンダリングが2.7億ドルを超えたことが判明したが、その巨額の資金は、違法薬物の人身売買やその他などの違法行為によるものである。日本の金融庁(FEC)の匿名関係者はこう述べました。これら三つがマネーロンダリングに至ることを知っていた。日本の1国だけボイコットするのでは足りない。これはグローバル市場が支持することが必要な問題だ。