IPWebのCoineal上場が大ヒット、プレセールで瞬時売り切れ、次のチャンスがやってくる!


スクリーンショット 2019-03-20 16.41.01.png


2019年 3月23日に、日本の先端プロジェクトIPWebが勢いよくCoinealで独占上場しました。ネットワーク全体のメディアから大好評され、コミュニティ内で買い持ちが続出し、IEOの開始から瞬く間にすべてのポジションが30分間で“売り切れ”という異常な大ヒットを遂げました。

WechatIMG79.jpeg


CMC(Coinmarketcap.com)の統計によると、Coinealは日本、香港、韓国とロシアにそれぞれサブステーションを持つ、取引高の世界ランキング4位を誇る取引所です。

 

しかし、KYCなどの制限のため、何人かの投資家はプレセールの競争に参加できませんでしたが、まだ挽回は可能で、日本時間の3月28日の15:00に、第2ラウンドのプレセールを行います。


スクリーンショット 2019-03-25 14.35.17.png


ブロックチェーンテクノロジーの急速な発展に伴い、スマート契約は改善され続けており、ブロックチェーンアプリケーションの本格的な着地が始まったばかりです。最近特に注目を浴びているIEOプロジェクトが登場しています。分散ストレージがブロックチェーンアプリケーションの定着に肝心な要素となるでしょう。

 

分散ストレージの先駆者として、IPWebの目標は、次世代インターネットとの通信プロトコルのストレージを含むP2Pベースのオープンインターネットプラットフォームを設立することです。将来の集中型インターネットシステムに強い挑戦をもたらすでしょう。また、IPWebは既にSBI、富士通などの企業と協力の意向に達しました。



世界は産業時代から情報時代へと徐々に移行しつつある段階におり、データは世界で最も貴重な資源となってきています。ビッグデータの保存と利用は特に重要視されるようになりました。

 

既存のインターネットプラットフォームにとって、集中型のストレージは確かに多くの欠点をもたらします。攻撃或いは事故や災害に遭遇すると、大規模なネットワークのクラッシュを引き起こします。


ブロックチェーン木靴の誕生により、ソフトウェア定義型のストレージの開発に新たな道が開かれ、新たな可能性が生まれました。つまり、技術的および経済的レベルでクラウドストレージを再考し、業界のこんんあんに対処する事です。ストレージはより広いスペースとして、ブロックチェーンアプリケーションをよりよくサポートできます。また、世界初の分散型ストレージプロトコルに基づいたブラウザアプリケーションの実行にも成功しました。


図1.png


ブロックチェーン技術により、データは一定の冗長度を保てるよう複数コピーされ、そこからさらに複数の断片に分割されます。この断片化されたデータはネットワーク上にある多数のノードに分散して格納、保存されます。キーを入手したユーザーは、通常どおりにファイルをダウンロードすれば断片化されたデータを復元することができます。さらに、IPWebは30%〜70%の断片やデータを失った場合や、ノードがクラッシュした場合でも、保存されたファイルを完全に回復する事が可能な冗長化技術を導入しました。

 

IPWebは日本発であり、研究開発チームにはP2Pストレージ、AI、暗号化、システム・アーキテクチャ、ネットワーク通信、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの分野に精通している世界各地からきたメンバーがいます。IPWebは現時点、様々な技術的困難を突破しており、公式ウェブサイトでは直接IPWebのベータ版とプラットフォームの運営状況を見ることができます。
 

5Gテクノロジーの普及と速度向上に従い、分散型ストレージを代替えするでしょう。IPWebは、ユーザーに新しい体験をもたらすだけではなく、従来の集中型ストレージを覆し、分散型インターネットの明るい未来をリードし、ブロックチェーン技術のアプリケーションの着地に貢献します。