日本の金融庁(FSA) は国内のデジタル通貨交換のさらなる規制を設ける模様。 新しい規制の枠組みは投資家を保護するための措置が含まれています、exchange の内部管理体制を改革しようとします。 金融庁各取引所に対して以下の要求を出している。 不審な変動をする顧客アカウントを複数回監視する必要性、顧客資産を取引所とは別に管理する事、仮想通貨のポジションに関するオンラインシステムストレージなどである。プライバシー関連のデジタル通貨に関しては、金融庁によって登録されている取引所に対して厳しい制限が設けられる。 日本経済新聞社より引用