14 日、富士通は、異業種間の情報交換を容易にするためにブロック チェーン技術を実験的プロジェクトを公開しています。 東京大学は日本ソフトバンク、三菱、東京丸の内エリアで実験を実施します。 実験内容は三菱と、お店の回転率データから供給される電力の量に基づいて富士通のブロック チェーンの技術を使用し、データ共有のためソフトバンクへグループ旅客流動に関するデータを提供します。 東京大学の教授大沢幸生教授によるDatajacket技術によってデータが記録されます。