日本銀行の雨宮正佳副総裁は20日、名古屋で行われた講演で、日銀の仮想通貨発行や、仮想通貨の決済利用について述べた。講演内容は日銀のホームページで確認できる。


中央銀行が発行する仮想通貨は難しい

20日行われた講演は「マネー将来」と題され、仮想通貨などフィンテックを踏まえた金融の将来について話された。その中で雨宮副総裁は、中央銀行が発行する仮想通貨は難しいこと、仮想通貨が決済で利用される可能性は低いとの見解を示した。


現時点で日本銀行は仮想通貨を発行する予定はない

雨宮副総裁は、今のところ日本銀行が仮想通貨を発行する予定はないと述べた。中央銀行が発行する仮想通貨(デジタル通貨と雨宮総裁は呼んでいる)はCBDCと呼ばれ、各国で議論されているが、主要な先進国で発行をしている国はない。同氏は2つの問題点を指摘、ひとつは災害が多い日本において、仮想通貨を発行するのは電力供給などのリスクがあることを挙げた。もうひとつは、万が一金融システムに問題が生じた場合、現金からCBDCに換金する「取りつけ騒ぎ」を助長してしまうリスクがあるという。


仮想通貨の決済利用は難しいとしながらもブロックチェーン技術は支持

雨宮副総裁は、CBDCと同様、仮想通貨による決済利用も難しいとの見解を示した。問題点に、マイニングにかかるコストの問題を挙げ、法定通貨に比べ信用性も劣るとの見解を示した。しかし、ブロックチェーン技術は前向きにとらえており、取引や決済に対して期待を寄せているようだ。総じて、雨宮副総裁の見解は、仮想通貨に対して慎重派、あるいは懐疑的な意見の範疇にとどまっただろう。日銀はすでに欧州中央銀行(ECB)と共同で、ブロックチェーンを金融システムに応用する調査プロジェクト「プロジェクト・テスラ」を開始している。今年の3月には複数の異なるブロックチェーンを移動する技術、DVP(複数型台帳)の調査結果を報告した。今回の雨宮総裁の見解の真意は、実用段階に至っていない「仮想通貨」という技術への、現時点での回答ともいえるだろう。