なぜこのWebpackが必要なのか?

 まず、定義はwebpackが複数の資源モジュールを一つ或いは少数のファイルにバンディングできると説明した、これは今まで多くのHTTP請求を発起して資源を獲得していたのと比べれば、今は少量のHTTP請求を発起するだけでよくなった。

 次いでは、webpackは資源をブラウザーに最適な「フォーマット」に転換し、アプリケーションの性能を高めることができる。例えばアプリケーションに使用される資源のみを引用する(使用されてなかったコードを除去する)、必要な時のみ資源をアップロードする。

 さらに、開発段階に対しても、webpackはリアルタイムアップロードとホットアップロード機能を提供し、開発時間を大きく省いた。それ以外、まだたくさんの優秀なところが発掘する価値がある。しかし、webpackが最も核心的なのはやはりバンディングの機能である。

 具体的な構造はまだまだ細かく分析して解読する必要がある、Webpackの多ページアプリケーション構造を続けるのはもっと幅広く精彩の内容を表すことができる。しかし構造は全く変わらないわけではない、不断の革新と更新の中で徐々に整備され、構造中にある痛点を解決する。