Dalia Researchは、5月9日にブログでcryptocurrenciesに関する最新のレポートを公開しました。この分析では、仮想トラフィック市場(米国、英国、ドイツ、ブラジル、日本、韓国、中国、インド)における最大8カ国の29,000人以上のインターネットユーザーを対象にした、アンケート調査を行った。アンケート内容としては、仮想通貨の普及率、関連知識、購入意欲及び仮想通貨に対して購入意欲の有無である。 調査の結果、世界中の平均的な人々の約75%が仮想通貨について知っていますが、実際には仮想通貨について理解しているのは約50%程度にとどまり、韓国と日本では仮想通貨に対する意識と知識が最も高く、 約4%だけが仮想通貨を所持するのを嫌悪し、仮想通貨を持っている回答者は、さらに仮想通貨を購入する可能性が高い。 女性の暗号学知識のギャップは11%であり、高等教育で教育を受けている人は、仮想通貨をを持ち、購入意欲が高い傾向にある。 Cointelegraphより引用