「ブロックチェーンが金融業界における応用」の作者Peter Borovykhに取材

 本日のゲストは、ブロックチェーン圏内で有名な人物であるPeter Borovykh氏である。彼は我々に世界のブロックチェーンと暗号化通貨の傾向及びプロジェクトに対する見解を共有してくれる。彼は「ブロックチェーンが金融業界における応用」という文章を書いて、世界各地のイベントと会議で演説を発表した。

 Peterは最近ウォールストリートブロックチェーン大会で演説を行った、今回はここに足を運んでもらい我々と彼が世界のブロックチェーンの変化に対する見解を交流する。彼はBlockchainDriven(ブロックチェーン及び金融科学技術コンサルティング機構)ブロックチェーンと金融科学技術シニアコンサルタントである。

 ブロックチェーンの利用に関して、先進国と発展途中国にかなり大きな差がある、これらの差があってこそ、世界ブロックチェーンと暗号化通貨の情勢を塑造する決定的な要素である。

 取材が始まる前に、Peterは、彼が参加した多くのプロジェクトが何れも機密プロトコルの元で行ったと示した。さて、本題に入りましょう。

 Bitcoinist:Peterさんは世界範囲内でコンサルティング業務を行っていますが、今どんな傾向が見られていますか?海外で行っている作業とアメリカで行っている作業とはどんな違いがありますか?

PB:私はたくさんのブロックチェーンアプリケーションに極めて大きな興味を示してくれている地区でプロジェクトを扱っています、それは南米、アメリカ、東欧/ロシアアリア、及び最近プロジェクトと扱っているインドなどが含まれ手います。その内最も明らかな傾向は先進国のほうがもっとブロックチェーンアプリケーションに注目をしていて、暗号化通貨ではありません、だが発展途中国の場合は、逆です。

 アメリカの会社は運営、支払い、合法化、取引、貿易決済及びバックグラウンドお目レーションなどの面からイノベーションを実現しようと努力しています。例えばですが、私に保険のお客さんがいて、彼はP&C保険を転覆しようとしています。つまり財産保険です、この方面に巨大な潜在力が存在します。

Bitcoinist:では、発展途中国が注目しているのは暗号化通貨ということですか?

PB:そうです。発展途中国が欲しがっているのは暗号化通貨及び暗号化通貨取引と関連する株式です。彼らの最終目標はインターネット段階を飛び越えて、直接ブロックチェーン段階に入ろうとしています。

Bitcoinist:インターネット段階を飛び越えるんですか?

PB:そうです。アメリカでは、皆がオンラインで支払いを行っていますが、ロシアでは、オンラインで支払いを行っている取引が1%以下しかない。彼らはインターネット支払いサービスを信用していません。ロシアでは、彼らに自分のグーグル、フェイスブック、ウバーがありますが、そこの人は誰もそのクレジットカードの情報をネットに入力したくない、騙されるのを心配しているんです。でも、ブロックチェーン技術はこのような状況を変えることができる、これこそ私が言ったインターネット段階を飛び越えるの意味です。