Ledger:ハードウェアウォレットは頭角を現した

 Ledgerの全ての製品は何れも一つの独特な技術に支えられている:専門的な設計を経たあらゆる暗号化ハードウェアで運行でき、しかも各種バーチャル通貨にサポートするオペレーションシステム(OS)である。

 この技術はブロックチェーンのアプリケーションに安全保障を提供し、最終的には各業界に応用され、その発展を加速し、ユビキタスニットワークからドライバーレス自動車まで、これらの領域の快速な発展は何れも情報の安全性に対する保障が必要である。

 Ledger社は2014年に成立され、8名の夢がある創業者により組成されたチームが創立した。彼らはブロックチェーン技術の潜在力を気づき、安全性をブロックチェーン技術の長期的な成功の基盤にすれば、この技術は我々のライフスタイルを更に豊かにすることができると考えた。

 会社は設立依頼、ずっと快速に吸収して成長を図り、現在はサンフランシスコ、パリ、ビアゾンにも事務所を設立し、社員が82名いる。

 価格の高騰に伴い、昨年ビットコインの大ヒットが誰のみにも明らかである、Ledgerもこの相場に相乗りした:2017年、会社は100万個のハードウェアウォレットを販売した、この数字が2016年ではわずか3万個だった。受注の好調はLedgerの予想を遥かに超えて、報道によると、当時はもし一月に注文したら、三月にしか製品が届かなかったそうである。

 2017年10月、LedgerはIntelとの提携を発表し、そのブロックチェーン公開式帳簿オペレーションシステム(Bolos)をインテルのソフトウェア防護拡張(Intel SGX)と統合し、デジタルウォレットユーザーに更に安全な解決方案を提供した。

 現在、Ledgerはすでに営利を実現し、見事に165カ国で100万個以上のバーチャル通貨ハードウェアコールドウォレットを販売した。

 Ledgerはさらに金融機構にも新たな解決方案を開発し、その名はLedger Vaultであり、銀行、ヘッジファンドと家族オフィスデジタル資産の管理にサービスする。

 Ledgerのチーフ執行官のEric Larchevêqueは、「最初から、我々はハードウェアウォレットをブロックチェーン技術革命の推進者という役割として設計した。三年後、Bホイール融資の完成に伴い、我々はブロックチェーンとバーチャル通貨技術の巨人になる道で一つの道標まで辿り着いた。これらの資金は技術開発、生産能力の拡大と会社のグローバル化に使用する予定。」と述べた。

 Andrew Tang は Draper Dragon Fund の Managing Directorである、彼も、「ブロックチェーンは一つのグローバル性の革命的な技術である。これにより生まれたデジタル資産は何れも充分安全な場所に保管しないといけない、なので、Ledgerは将来ブロックチェーンアプリケーションにおける地位が極めて重要である。」とコメントした。