公式のプレス リリースによると、サムスンの生産部門であるサムスンファウンドリー(Foundry)は7nm低消費電力プラス(7LPP)プロセスという新しい生産プロセスを導入し、エネルギー消費を50%削減することが可能であるという。サムスン電子は、新しい7LPP製造技術を使用する最初の顧客の名前を明らかにしなかったが、新しいチップを使用する最初の顧客はモバイルおよびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションを対象とすると示唆した。エネルギーコストが業界の収益性の重要な要素であることが判明しているため、これはサムスンのハードウェア暗号化マイナーの使用にプラスの影響を与える可能性があると報告されている。