もしエテリアムが証券として認定された場合はどうなるのか?

商品先物取引委員会(CFTC)元主席のGary Genslerは、エテリアムがいわゆるホウェテストの条件に符合しているので、これは資産が証券に当てはまるかどうかの先決条件であると主張している。もしとある資産に某特徴があり、例えば利益が第三者行為に頼り、或いは該当ツールは一般企業common enterprise)の投資を代表していれば、ホウェテストは該当ツールが証券であると認定するのである。Genslerが曰く、エテリアムのケースの場合、一般企業はエテリアム基金会である。

 もし一つのツール自身はそれが「役に立つもの」だと証明することができる-石油或いはゴルフクラブの会員券と同じように、証券として扱われなくても済む。エテリアムネットワークはそのトークンが発売される時に何も機能がなかったので、そのトークンが発売される時に何も作用がなかった。

エテリアムが証券として認定されなかった場合はどうなるのか?

 二つの可能性がある。Coin CenterのPeter VanValkenburghは、たとえ最初のエテリアムトークン発売行為が一種の証券発売行為であったとしても、現在のエテリアムトークンは証券ではない。その理由は、2014年のエテリアムトークン発売における投資者とエテリアム基金会の関係が現在のエテリアム基金会とエテリアムユーザー間の関係とは違うからである。Van Valkenburghは、「アップルが投資した資金を使用してiPhoneを生産しただけで、iPhoneが証券だと言う意味ではない」と述べた。

 Cardozo法学院副教授のAaron Wrightはブロックチェーン問題に専念しており、彼は、エテリアムトークンは今までずっと製品、すなわちブロックチェーン上のスマート契約として現われている、エテリアムを購入した人たちは利益を獲得する期待がなかったのは、ホウェテストの条件の一つであると主張している。「この生態を構築することが可能であるかどうかが分からない時に、そこから利益を狙っていると言えない、予約発売に参与した人がスマート契約を運行しようとしたのは、彼らがエテリアムトークンを購入した原因である。」と彼が述べた。

もしエテリアムトークンが一種の証券であれば、価格はどう変化するのか?

 もしエテリアムは一種の証券であれば、デジタル通貨取引所は必ずトラブルに遭遇する。彼らはアメリカ証券取引委員会で登録せざるを得なくなる、その理由は、彼らが証券取引を行っているためである。もしSECで登録しなければ、彼らは罰金に直面しないといけない。もし取引所が証券法規の違反を避ける為に取引所を停止すれば、エテリアムトークンの価格が間違いなく下落する。例えば、3月にメリルリンチは登録していなかった証券を販売した原因で、180万ドルの罰金を支払わないといけない。

逮捕される人がいるのか?

 登録していない証券を販売したら誰かが逮捕される。1933年の「証券法」に基づくと、五年までの監禁が許可される。そして個人にとっては、民事処罰の範囲は75,000ドルから160,000まで、会社実体に対する罰金は80,000ドルから775,000までである。これらの処罰は級別があり、通常は違法行為によって処罰もことなるので、加算すると数百万に達する可能性がある。民事処罰以外、アメリカ証券取引委員会は未実現の利益を「吐き出す」ように要求することができる。例えば、アメリカ証券取引委員会は2016年にエチオピアの電力会社に登録していなかった債券をアメリカで販売した利益を吐き出させた。

 事実上は、このために逮捕される人がいない。Orrick弁護士事務所ブロックチェーン作業チームのメンバーであるJason Somensattoは、登録している証券を販売することは「通常犯罪として規定されない」と述べた。発行者にとって、証券詐欺は別の話である(これこそはマーク・シクレリが七年間監禁された理由)。しかし、エテリアム事件で誰かが告訴される可能性も極めて低いと専門家が分析している。