Crypto.watchのニュースによると、日本GMOグループは10月3日、同社の仮想通貨マイニング事業を発表した9月の業績報告を発表した。報告書によると、9月に同社のBTCの収益は512BTCで、BCHの収益は0となる。9月末の仮想通貨為替レートによると、その金額は3億8154万5472円(1 btc=74万5206円換算)に相当する。同社の紹介によると、現在の会社は主にBTCとBCHの2つの仮想通貨のマイニング業務を展開しており、異なる時点で、より良い仮想通貨のマイニングを行うことを優先する。また、9月には、同社が新たに装置を追加するため、ハッシュ値が先月に比べて上昇し、現在は479 PH/sであることが明らかになった。これによると、新鉱山の投入に伴い、12月末にはハッシュ値が800 PH/sに上昇すると予想されている。