ビットコインスマート契約

 ライティングネットワークは容量拡張の能力を提供するのと同時に、スマート契約はビットコインにもう一つの新しい機能を齎した。例を挙げると、MITがテストしている技術が成功に配置されれば、世界で発生していることに基づいて予測することができる。

 若しくはそれが先物契約と類似しているとでも言える。Aliceはある日、例えば金曜日に、Bobに送金すると承諾した、その時にドルとsatoshiのレートがどうなろうとも、この取引を阻止することができない。もし金曜日に、1ドルの価値は12,150satoshiに相当するなら、彼女はこの分のお金を支払う必要がある。

 このようなスマート契約の使用ケースは通常ビットコインと直接的な関連がない。

 Dragosは、人々がスマート契約を思いつくと、必ずエテリアムの頭に浮かぶ、それはエテリアムの脚本言語がもっと豊富なためであると認めた。しかし彼は、何らかの方法を通じて、ビットコインも同じ機能が実現できると思っている。

 ビットコインはエテリアムのように開発者に「友好的」ではない、理由としては、両者の発展方向が異なるが、依然としてビットコインを使用して開発することができる、ある程度のアイディアが必要なだけである。

 簡単に言えば、今回のテストはDryjaの「慎重日誌契約」(discreet log contracts)プロジェクトを採用してスマート契約にデータを公表した。このプロジェクトの最も重要な優位性の一つは延性であり、その理由は、その内の大半のデータがビットコインのブロックチェーンに保存しなくてもいいためである。

 プライバシーは二つ目の優位性である、オラクルはデータを使用して公表したユーザーの身分が分からないためである。

 Dragosは、我々が打ち上げたモデルの中で、オラクルはデータ使用者の身分を知ることができないと述べた。

 「窮地」

 今回の簡単なディスプレーはすでに完成していうるが、DragosDryjaはその中にたくさんの顕著な問題及び「窮地」が存在すると認識している。

 独立したオラクルの角度から見れば、彼らに営利する必要がある、我々は必ずこの点がわからないといけない。

 もう一つの問題は、現時点でこのオラクルは信用できることであるが、一旦某ユーザーが複数のオラクルの使用が許可されれば、その信用値がすぐに崩壊する。

 DCIはどこかの段階に辿り着けば、この技術の研究を止めて、研究成果と適した人に渡そうと期待している。

 我々は企業と連携してこの技術を実用化している。

 彼らは具体的な企業名を公開していないものの、何れもDCIのパートナーであり、しかも全部が大手企業であると披露した。

 彼らは大手企業が一般ユーザーがソフトウェアに対する需要がもっと理解できると認識している。そのため、DCIがこのモデルを作成して、このベース技術の運行方式をディスプレーしたときに、彼らはVenmoFacebookのような日常使用に便利なAPPを開発していなかった。

 Dragosは、ユーザー体験は我々の得意分野でなない。だが、今はオラクルのデータを使用するかどうかを決めるのはユーザーであると述べた。

 Dragosは、我々は最終の結果を予測することが難しい。もし人々がそれを採用するように決めれば、これは非常に重要なアプリケーションである。ただし我々には具体的な用途が何なのかが分からないと補充した。

 新しい技術はいつでも使用できるものであるが、誰でも最終的に必ず成功するわけではない。