ここ数日のデジタル通貨市場で最も強気なトークンはエテリアムほかない。当然その強気にも原因がある、主にはV神はGithubで断片化容量拡大技術コードを発表し、断片化技術を通じて、エテリアムの取引能力が大幅に向上した;もう一つはエテリアム連盟が企業エテリアムフレームスタックを発表し、Web3.0時代を推進した;更にはエテリアム基金会が引き続き分散式アプリケーションプラットフォームの研究開発に援助することである。三つの情報は、それぞれメインチェーンの性能、企業技術連盟の建設、オンラインDAPP生態に対応しており、ETHのトークン価格の上昇にサポート作用を果たしている。

 共有チェーンにとっても、この三つの方面から分析を行うことができる。一連の共有チェーンの中で、とっくにメインチェーンにオンラインにしたETH、NEO、Qtum、ACT、XAS、BTM、LSK、ICXとまだメインチェーンにオンラインしていないEOS、AE、ADA、ZIL、IOST、ELF、GNX、NULS、ELA、ONT、TRXは何れも2018年共有チェーンの戦場で戦った、その内最も影響力、知名度と企業の幅広い参与度があるのは、最も共有チェーン王者になる可能性があるのは、ETHとEOSだと思われる。それはなぜなのか?

 メインチェーン機能において、ETHメインチェーンのオンラインはすでに長いこと運行していた、性能上は何らかの欠陥があるものの、それは最も早く断片化技術で性能問題を解決するのを提案して、しかも今はすでに実質性の技術進展があり、性能問題の解決が期待できる;EOSがずっと使用してきたのはグラフェン技術というすでにBTS、Steemプロジェクトで成功に認証された技術なので、メインチェーンがまだオンラインしていないが、成功することは疑うまでもない。

 企業技術連盟の建設において、ETHはエテリアム連盟があり、そのメンバーはマイクロソフト、JPモーガン、インテルなどの20件以上の企業が含まれ、実力の強さが疑うまでもない、EOSは主に21個のメインノードがあり、最近各財団、企業、資本がわが先にメインノードを競争しているところから見ると、その陣営も以上に莫大である。

 オンラインDAPP生態において、現在ETHにあるDAPP生態と各種アプリケーションはほとんどのシェアを占めており、そしてEOSに基づくDAPP生態も約100個ある、さらに各参選ノードが背後での援助はもっと幅広い生態建設を推進している。