17日、CNBCに番組に出演したリップル社役員セイガー・サーバイ氏がxRapidについて言及した。同氏によれば近々xRpaidの商業化に向けて動き出すとコメントした。


xRpadが近々商業化へ向けて動き出す?

リップル社が提供し、現在はテスト段階にあるクロスボーダー決済システムxRapidだが、CNBCの番組に出演したサーバイ氏は以下のようにコメントした。

「来月あたりに(xRapidの商業化が)できるのではないかと自信を持っている。もしくは、商品立ち上げ(xRapid)に関して良いニュースが届られると思うよ」

xRapidは主に企業向けに提供されているブロックチェーンプロダクトだが、これまでにアメリカンエクスプレスやウェスタンユニオンといった大手の企業と提携を結んできた。今年の5月には米国とメキシコ間の送金テストに成功し、取引コストを40%~70%削減することに成功した。サーバイ氏は、明言は避けたが、ちかいうちにxRapidに関する商業化へ向けた動きがあると注目が集まっている。


リップル社の動向

リップル社のプロダクトで使用されるXRPは、現在ビットコイン、イーサリアムの次に取引されており、日本国内で人気の高い仮想通貨だ。しかし、米国ではXRPが有価証券にあたるのではないかとの議論がされており、リップル社は規制当局の話し合いを進めているようだ。CEOであるガーリングハウス氏は、過去に日経新聞のインタビューに応えており、規制との折り合いが重要だと述べている。直近では、リップル社が主催となり、米国元大統領も出席するカンファレンス「SWELL」が注目を浴びている。その他の主なスピーカーとして、サンタンデール銀行の技術革新責任者、サウジアラビア通貨当局のイノベーション担当責任者、Payments Canadaの最高執行責任者、ブラジル中央銀行の最高情報責任者などが登壇する予定だ。XRPは18日に一時20%を超える上昇を遂げており、その要因は上記のサーバイ氏の発言、SWELLへの期待感との向きもある。今後、数週間の間は、リップル社の動向、XRPの価格推移はメディアでも注目のトピックとなるだろう。