ビットコインは、世界で最も知られた仮想通貨であり、仮想通貨市場の基軸通貨となっている。しかし、ビットコインの通貨性能は決して高くない。2018年7月の段階では、データ処理において、ビットコインを超える通貨は数多くある。

 

加えて言えば、ビットコインは法定通貨の代わりとなるべく開発された通貨であるにも関わらず、発行上限まで達していない状態でもブロックチェーン上でデータ詰まりを起こしている状態だ。そして、今回ビットコインの開発において新たなチームが発足することになった。

 

・ビットコイン・オプテックとは

2018年7日20日、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決すべく、新しいチームであるビットコイン・オプテックが発足された。スケーラビリティ問題は、通貨の使用や取引などのデータが増加することにより、データの詰りが発生するというものだ。迅速な取引が不可能となるだけでなく、投資家やユーザーだけではない仮想通貨市場の一般的な評価を下げることにもつながる。

 

そして、ビットコイン・オプテックはビットコインを使用する企業の開発者やエンジニアを集め、スケーラビリティ問題に対処していくと表明している。今後、ビットコイン・オプテックがビットコインにどのような変革をもたらすのか非常に注目だと言えるだろう。

 

・仮想通貨市場とビットコイン

ビットコインは、仮想通貨市場において基軸通貨となっており、ビットコインの価格の上下がアルトコインに強く影響を与える。しかし、ビットコインの通貨としての能力は、全世界の人々が使用するにはあまりにも脆弱だ。

 

また、ビットコインの能力に着目した場合、ビットコイン以上の通貨としての機能に優れる通貨は多々存在している。そのため、ビットコインの課題が解決するよりも早く、イーサリアムやビットコインキャッシュがビットコインの立場と入れ替わる可能性がある。

今後のビットコインの能力や機能がどのように改善され、市場での立ち位置を確保し続けられるのか、非常に興味深い状況だと言える。