このコンセンサスの基礎に、Aliceが上記文字をサインして発送した後に、もし本当の行動がなければ、改竄不可の情報の証拠の元に、全ての参与者は無限な将来で、Aliceが信用を守らない人だと分かり、それから懲罰メカニズムを採用して彼女を懲罰する。

 我々は上記文字を抽象化にした後、このブロックチェーンプロジェクトの用途がFlower取引を記録し、Flower Tokenを発行して、一枚のTokenが一本の花に対する請求権を代表すると仮設すれば、上記文字情報が構造化した情報になる。

 「A trasfer 1 unit Token to B」

 ここで、我々は取引があるブロックチェーンの中で、専門のToken変数を設計しているかどうか、Token振込みが行えるウォレットがあるかどうか、流通市場で取引できるTokenがあるかどうかに関わらず、Tokenはいずれも天然で客観的に存在するのが見られる。

 三、Tokenの価値意義

 前述の分析から、Tokenの全部の価値がコンセンサスからであるのが分かる。参与者がTokenにどんな価値を与えれば、どんな資源に対する請求権を代表する。Tokenの市場価値の分析に対して、各プロジェクトは何れもその経済モードに基づいてそれぞれの分析モデルとフレームを採取するべきである。

 注:狭義的なコンセンサスはシステムに記入されて全ての誠実なノードが必ず共同で遵守しないといけない約定である、例えばEOSが計算資源に対する請求権;広義的なコンセンサスには一部の人がTokenの用途に対する承認も含めている、例えば1Btcが生態ガバナンスレベルにおいてあらゆる資源も代表しないが、段々ともっと多くの人はBtcでもっと多くの種類の経済産出或いは法的通貨を両替する意欲がある。

 1、Tokenの価値源:

 (1)エテリアムERC20トークンのデータ構造が統一されているが、違うプロジェクトのTokenの市場価値が完全に同じわけではない、それらのブロックチェーン技術会社が発行したERC20を別として、単純に伝統企業がTokenへの応用を見れば、もっとはっきりとTokenの価値源が見られる。Cindicatorを例として、該当プロジェクトが今色んなレベルと豊富度のスマート投資コンサルティング研究判断信号を提供しており、所有しているToken(CND)の数量の量をToken所有者が関連サービスを使用するハードルとしている。Tokenの価値は完全にプロジェクト側自身がスマート投資コンサルティング領域における価値によって決められる。

 (2)Tokenに価値を与えるのは決して創始プロジェクト側だけではなく、全部の生態参与者である。つまり、Tokenが代表しているものは変化のグループ、と彼らが変化しているコンセンサスにより決められる。例を挙げると、EOS ERC20 Tokenは公式に与えられた価値は1:1の比率でEOS.IOシステム中の所有者分布表に反映する権利がある。反映した後、ERC20 Tokenは公式に与えられる価値がなくなる。しかしこのトークン消えたりはしない、もし所有者がそれに新しく出来た例えばEOS創始所有者記念Tokenを与えれば、それが新しい流通可能な意義を持つようになる。