CoinDeskのアナリストの話によると、ETHのエアドロップとマルチドロップはすべて明確な価格下限を求めているので、この時点で、ETHは価格統合フェーズに入り、RSI指標はETHが現在売り過ぎであることを示していおり、501米ドルの突破により、強気市場の到着が確認され、価格が450米ドルを下回る場合上昇を期待できないと思われ、全体的な状況はニュートラルであるという。