三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)は、日本国内においてMUFGコインと呼ばれる独自の仮想通貨の発行を公表している。同社内では、MUFGは既にテスト段階ではなく、一部の分野において実用できるほどの安定した機能を有しており、2019年には数万人規模の実証実験が始まる予定だ。MUFGはグループ内での共通仮想通貨になることから、仮想通貨のユーザーだけでなく、MUFGグループに口座を持つすべての人々に直接の影響が出ることになるだろう。

 

MUFGによる新型ブロックチェーン

 

MUFGの仮想通貨に対する取り組みは、MUFGコインの発行だけでない。日本の企業の中でも、MUFGのブロックチェーンに対する取り組みは非常に前向きだ。仮想通貨の採用による人員やATMなどのコストの削減が見込まれるためだ。

 

日本では、現金による支払い非常に好まれている。しかし、世界では人々が保有する通貨のキャッシュレス化が加速しており、日本は控えめに言っても取り残されている状況だ。そして、今回MUFGがブロックチェーンの開発・推進を行う企業であるAkamai Technologiesと共同で開発したブロックチェーンは日本国内でも利用されると見ていいだろう。

 

また、MUFGの計画としてMUFGコインのコンビニ展開も視野に入れており、今回開発したブロックチェーンであれば、秒単位で100万単位の情報処理を行えるため十分に使用に耐えうる。

 

MUFGコインと日本

 

MUFGは、日本でも非常に大きな金融グループであり、仮想通貨発行においても非常に話題となった。ゆうちょ・地銀連合が発表したJコインとの統合の話も囁かれていた時期もある。

 

しかし、MUFGグループが今回発表したブロックチェーンに勝るシステムをゆうちょ・地銀連合は打ち出せていない。その為、MUFGコインが法定通貨と互換性のある通貨としていち早く日本に浸透することになれば、銀行の発行する仮想通貨としてMUFGコインが優位に立つと見ていいだろう。

 

仮想通貨発行の有無にかかわらず、仮想通貨市場としてもMUFGの動きには要注目と言えるだろう。