今日は6人の通貨圏のアナリストがBTCの明日の動きを判断しました。このうち3人は値上がりぎみで、2人は1位を見て弱気になりました。また、この欄はすでに「貨幣世界」の貨幣圏に移転しました。1.強気@数字通貨トレンド狂人:乱世の中のビットコインは上昇しやすいので、短期的な動きが再び不透明から上攻に転じる。5日間のラインは予定通りに踏んでいない。市場が予想より強いと説明しています。10400-1500一帯で出荷する資金がありますが、十分な力を受けて、後市は12000-3000の圧力位に引き続き突入する見込みです。@おじいさんは貨幣を話します:MACDは0軸の上で上がって、RSIは50水平線で運行して、1つの上りの成り行きを維持します。@貨幣世界の多くの空の羅針盤:1時間の操作は強烈に買うことを提案して、4時間の操作は強烈に買うことを提案します。注:多空ガイドは「貨幣世界」相場通貨の詳細ページで調べられます。2.平@牛魔王を見てください。ビットコインは再び11500をテストして、再び阻まれました。そして、圧力を振る量は一定の拡大があります。近いうちに11500の下で震動するかもしれません。10500のサポートに注目してください。@子夜幣談:引き上げたら横皿が揺れます。短い線は11500-1050の区域にあります。二三割を取り出して、それをまとめます。3.弱気@飛竜在天:BTC相場は完全に予判内で、上方はまだ11500触れなければならなくて、ちょうど最高点の11499.81、完全に予想に合っています。相場はすでに予想通りに判断されていますので、この位置は直接に破れていません。(注:以上の観点はアナリスト個人の提案であり、いかなる投資意向も構成されていないので、参考にしてください。)