「ビットコイン及びその他の多くの暗号化通貨は何れも全ての色んな資産類別の要素があり、支払いの需要に満足していることからでも、或いは長期資産であるかどうかの面からでもそうである」とジェンカロが月曜日にCNBCの番組「Fast Money」の取材を受けた時にそう述べた。「我々はビットコインの中から大口商品の要素が見えた、但しこれはあなたが見えた管理監督制度に取り決められる。」

 ジェンカロはまた、ビットコインに黄金などの資産と似ているように見える特定な面があると続けて述べた。

 「ただ、ビットコインは仮想的であるだけ。」と彼は表明した。「それはデジタル化である。」

 ジェンカロは、一つ重要な問題は、ビットコインは理想的な支払い形式ではなく、もっと購入して長期的な所有に適した策略であると述べた。

 彼は、アメリカ商品先物取引委員会及びアメリカ証券取引委員会(SEC)は何れも二十世紀三十年代で設立された制度に基づいて運行を行っていると指摘し、比較的に、ビットコインが誕生してから今まで十年も経っていないので、まだまだ新しい事物である。

 「最後は、これらの新しい資産類別の発展に新しい政策を打ち出すべきなのかどうかという問題は、管理監督機構ではなく、国会が決めるべきだ」と彼は述べた。