5月28日、中国科学院第19回院士大会、中国工学院第14回院士大会が盛大に開幕しました。中国共産党中央総書記、国家主席、中央軍委員長の習近平議長は会議に出席し、重要な談話を発表した。習近平は、21世紀に入ってから、人工知能、量子情報、移動通信、モノネットワーク、ブロックチェーンが代表する新世代情報技術が加速して応用されたという。世界は、情報産業を主導とする経済発展の時期に入っている。我々は、デジタル化、ネットワーク化、インテリジェント化の発展のきっかけを把握し、情報化、インテリジェント化で、新しいエネルギーを生み出す。先導性と支柱性を際立たせ、戦略的新興産業のクラスターを優先的に発展させ、産業体系の新しい柱を構築する。インターネット、大規模データ、人工知能は実体経済と融合し、強いデジタル経済を促進する。