今日、Armorsチームは、ERC200の標準的なapprove方法に巨大なセキュリティ・ホールが存在することを発見し、このホールは、この標準によって発行されたトークンを使用することによって、ベクトル攻撃のリスクが存在する。Armorsチームは、市場統計を経て、現在、取引所のデジタル通貨には少なくとも60 %を超える貨幣があり、インテリジェント契約には、この穴が存在するコードが使用されていることが判明した。この抜け穴は、イーサリウムの基準としての重大な安全性の問題として、すでにArmorsは「jaeden」と命名して、既にcveプラットフォームに提出している。