もう一つの中心化の方式は取引プラットフォームがデータを保存する方式及び自身をサポートする基礎施設と関係がある。ウェブサイドのトラフィックに適応するため、大きな取引プラットフォームはサーバースペースを外注にしないといけない。通常はクラウドサービスに外注しているので、委託管理サーバーが単一なソースに分配されると意味する。

 さあ、何となく分かってきたのか?もしハッカーが中心化の取引プラットフォームに侵入しようと思えば、中心化の入口チャネルさえ通過すればよい、通常は第三者委託管理サーバーである。入ってさえすれば、ハッカーは中心化資金のソース、取引プラットフォームのホットウォレット備蓄とプライバシーキーが獲得できる。

 もちろん、大きな取引プラットフォームには何らかの安全機能があって、悪質な攻撃者を防いでいる。だが、前述で表したように、これらの措置はまだまだ充分ではない。

 これこそ我々は脱中心化の取引プラットフォームが必要な原因である。彼らは中心化取引フラットフォームが固有の設計によって補うことができない欠陥を補った。そのため、脱中心化取引プラットフォーム(DEXと略称する)は一連の強化された安全優勢を提供した。

侵入可能或いはコントロール可能な中心点がない

 中心化の取引プラットフォームと違って、DEXは単一実体にコントロールされない。当然、人々が取引プラットフォームを使用してアクセスするドメイン名サーバーは中心化であるが、市場はとある実体にコントロールされず、取引プラットフォームもとあるサーバーにサポートされていない。

 現時点では、ほとんどの脱中心化取引プラットフォームは何れもエテリアムブロックチェーンに構築されている、しかも中心化サーバーではなく、ノードネットワークによりサポートされている。と言うことは、攻撃者は交換にサポートする半分のノードを破壊せざるを得ない、これはほとんど不可能である。

ユーザーが資金をコントロールしている。

 DEXを有する実体がないので、ユーザーの資金をコントロールする中心化中枢もない。脱中心化の取引プラットフォームは信用に基づくものではないので、ユーザーが終始自分の資産をコントロールしており、全ての取引は全部ポイントツーポイントである。

 なので、DEXはエテリアムスマート契約を使用して通貨を管理している。資金がスマート契約にロックされると、そのプライバシーを持っている人しか資金に接触することができない。一つの中心化のシステムでは、あなたは個人のプライバシーキーを放棄して、それらを取引プラットフォームホットウォレット備蓄を反映する単一な分類帳簿に集約することになる、もしハッカーはこれらのプライバシーキーを取得すれば、あなたの資金は盗まれてしまう。一方、脱中心化のシステムでは、あなたはずっと自分のプライバシーキーをコントロールしており、悪質な第三者に暴露しない限り、あなたの資産はDEXのスマート契約の中で安全である。