TechNodeによると、人工知能(AI)、自動運転、大規模データ、Internet of Things(IoT)や仮想通貨マイニングなどの消費電力を計算する技術が、台湾の半導体産業の需要を刺激しているという。計算能力の増加に対する需要が、台湾の半導体業界に恩恵をもたらしている。台湾の財政部門のデータは、3月だけで、輸出は記録的な300億米ドルに躍進し、16.7 %に達した。この成長については、「高性能チップ、仮想通貨のマイニングと人工知能アプリケーションの強力な需要が推進されている」と述べた。スイスクレジット半導体研究担当者のRandy Abramsは、「台積電はBitmainなどのクライアントのASICや、AMDとNVIDIAが使用しているGPUの約6-7%の売上を生産している」とコメントしている。