最近、EOSの「スーパーノード」についての議論が絶えない。ユア取引所は6月にスーパーノードの計画を開始すると発表し、先陣のノードリストを率先して公表すると発表した。これによりますと、まだアジアのスーパーノードは、6月1日に全世界の範囲内でノード募集計画を開始し、3期に分けて開放されるということです。スーパーノードは、このブロックチェーン業界に対して研究している専門機関や従業員を導入しています。また、高品質で優秀なプロジェクトを選ぶことと、パートナーとなるシステムにも多くの各分野の子会社の発展が進んでいます。主なノードになる機構あるいは個人はパートナーとなり、プロジェクトのオンライン化やシステム構築などに重要な権限があり、またシステム面の拡張を加速させる。