大半のウォールストリートの銀行にとって、ビットコインはしつこい呪いである。しかしアメリカの小型銀行にとっては、暗号化通貨市場は名実が相伴う「紙幣印刷機」であるかもしれない。該当業界は監督管理の欠乏と政策の不確定性があるものの、アメリカの一部の小型銀行は依然と殺到して、暗号化通貨のブームにしっかり従って、迅速に大儲けをした。

 ウォールストリートの大手銀行に、暗号化通貨領域でチャレンジする度胸があるのはごく少数であり、大半は避けようとしている。これはちょうど小規模の銀行の進出に道を譲った。Silvergate、Cross River BankとMetropolitan Bankのような銀行は何れも顧客に高品質な暗号化通貨関連の銀行解決方案を提供している。

 「ウォールストリートジャーナル」によると、アメリカSilvergate銀行の資産総額は9.78億ドルから19億ドル以上まで昇り、その主要原因は250社以上の暗号化通貨企業の業務支持があるためである。一部の小型銀行は創始初期の企業に銀行業務上の便利を提供したのと同時に、自分もかなり儲かっている。

 暗号化通貨サービス業者のGenesis Global TradingはSilvergateの顧客の一つである。Genesisは暗号化通貨取引を専門的に従事し、会社のチーフ執行官であるMichael Moroは銀行が提供するサービスを賞賛した。Michael Moroは、SilvergateとGenesis Global Tradingが暗号化通貨に対して同じような信仰があるため、良好なパートナー関係の構築に有利であると述べた。Michael Moroは、暗号化通貨企業の運営に銀行業務の支持が必要だとの意見も示した。

是2016年的两倍多。Mark  Silvergateはビットコインの取引により高収益を獲得した唯一の銀行ではない。Metropolitan Bankチーフ執行官であるMark DeFazioも、暗号化通貨企業と連携すれば、収益が高いだけではなく、支店をオープンするなどに必要なコスト費用も負担しなくてもいいと示した。該当銀行が2017年の収入は2016年の二倍以上を記録した。Mark DeFazioは、支払い業界に重大なモデルチェーンが存在すると主張している。

 だが、これらの小型銀行は暗号化通貨企業をサポートすることに潜んでいるリスクが分かっていない。Silvergateチーフ執行官のAlan Laneは、暗号化通貨生態システムは心細い人に適していないと述べた。

 暗号化通貨業界の監督管理に不確定性があるので、あれらの暗号化通貨企業に業務支持を提供している銀行も慎重に進行している傾向である。SilvergateとMetropolitanのような小型銀行は必ずKYCとAMLの規定を遵守し、随時警戒心を保たないといけない。そのため、たくさんの銀行は規定に符合しない顧客を拒否している。このような障碍が存在するにも関わらず、小型銀行は依然としてCoinbase、KrakenとBitFlyerのようなビッグプレイヤーに近づけようとしている。

 アメリカだけではなくて、ヨーロッパでも同様である。各銀行が依然としてビットコインと暗号化通貨市場に対して批判する態度を持っているのと同時に、スイスプライベート銀行であるFalconとVontobel、ドイツのFidor、リヒテンシュタインのFrickなどの小型銀行は何れも暗号化通貨市場を抱擁することを選んだ。