この文章の中で、私は算盤を類比として、ライティングネットワークが実施する技術の詳細に触れない前提で、ライティングネットワーク及びその支払いルートの背後の概念を披露しようと試みる。

 前の文章で「ライティングネットワークはビットコインの将来」に続いて、私はたくさんの積極的なフィードバックが届いた。しかし、その内の一部のフィードバックを読んだ時に、ライティングネットワーク(Lightning Network)の実際の作業原理を理解できていない人もいることが分かった。この文章では、私は算盤を類比として、ライティングネットワークが実施する技術の詳細に触れない前提で、ライティングネットワーク及びその支払いルートの背後の概念を披露しようと試みる。

これは一つの算盤である:

blob.png

今、ライティングネットワークの支払いチャネルを算盤の一本の軸として想像し、算盤の珠はチャネル内のビットコインを代表する。AliceBobの間でお互い支払いチャネルを創立した場合、Aliceは彼女のビットコインをブロックチェーンから支払いチャネルに保存する。現在、これらのビットコイン(例えば10bits或いは0.00001BTC)はAliceが所有している。この例の名亜出、一つの珠は1bitと相当する。

blob.png

算盤の軸と支払いチャネルに下記の共通点がある:

·         双方向性:算盤の軸にある珠は左から右、或いは右から左へ移動できる、ビットコインはAleceからBobへ振込むことができ、BobからAliceへ振込むこともできる。

·         所有権:算盤の中で、珠は左にあるのも右にあるのも可能、だがそれは算盤の中央にあることがない。同様に、支払いチャネルの中にあるビットコインはAliceが所有することも、Bobが所有することも可能である。

·         固定性:算盤の軸の中で珠を添加或いは削除することができないのと同じように、AliceとBobはお互いビットコインを交換する事ができるが、その数量は必ず彼らが当初支払いチャネルを創立した時のセッティングと一致しないといけない。もし大量なビットコインを交換しようと思えば、別途のオンライン取引を行わなければならない。

下記は、AliceBob2bitsを支払った後の支払いチャネルの様子:

blob.png

現在Alice9枚の珠があり、Bob2枚の珠がある。今、Bobも同じようにライティングネットワークを通じて10bits支払いチャネルを使用してCarolと繋げたと仮設しよう。

blob.png

ライティングネットワークを通じて、AliceはBobを通じてCarolに支払うことができる。算盤との類比の中で、もしAliceがCarolに2bitsを支払おうとしたら、彼女は算盤軸Alice⇔Bobにある二つの珠を右(Bob側)に移し、Bobは算盤軸Bob⇔Carolの中にある二つの珠を右(Carol側)に移す。

これはAliceがCarolに2bitsを支払った後の様子である:

blob.png

非常に重要なポイントは、もしBobがこの取引に参与しようと同意した場合、彼は同じ数量の珠をCarolへ移さないと、Aliceの珠を受け取れないのである。

 算盤との類比を通じて、我々は簡単で明瞭にオフラインライティングネットワーク取引の性質、特に支払いチャネルが取引を処理する時にどんな要求を満足しないといけないのかについて解釈した。例えば、我々はどうしてAliceがCarolに支払う珠がBobがCarolに支払う珠より多くてはならないのかが分かりやすく理解できる。但し、違う意味では、将来彼女は原始多層チャネルペイ(AMPs)を使って完成できるかもしれない、だがそれは違う文章になるのであろう…