ブロックチェーンとは何なのか?

我々が今までの観点では、それは一つの帳簿であり、業界でもあり、新しいインターネット技術であって、ひいては投資する機会である。

まさかこれこそはブロックチェーンの全部なのか?

角度を変えて始めよう……

 我々が使用しているインターネットでは、もしBATによる支払いの提供がなく、銀聯がなく、あらゆるほかの支払い企業もなければ、非常に馴染まないネットワークのではないのか?

 数年前のネットワークはこのようになっていた、あの頃のネットワークはチャットができて、音楽がダウンロードできて、画像のアップロードもできて、ゲームまで遊ぶこともできたが、やはりここまでであった。振込みと支払い機能がないインターネットは、今から見るとただのおもちゃにすぎない。

 たくさんの支払いを扱う専門の企業があったので、知らぬ間にインターネットが変わった、全体のインターネットの生態が活発に発展し始めて、数多くのネットワーク支払いにより興起した新しい業界が突然我々の生活に入った。もう現金の必要がなくたって、オンライン支払いがあったので、インターネットの価値が本当に発掘された。

しかし、これは一つのイリュージョンであるかもしれない

 インターネットにある全てのお金は、実際お金ではなくて、一個一個のオンライン支払い企業が発行した空手形である。幸いなのは、大半の会社間の空手形は、一つの基準に基づいて共通しているので、見た目はそのお金が安全である。

 一つ見落とされた問題がある、インターネットが存在する時間周期は、発明された日から、将来の人類文明と同調する可能性が高い、人類文明がインターネットを再度失う確率は計算できないほど小さい。では、問題が現われた、現在のこのようなオンライン支払い方式は、インターネットの生命と同じようにずっと存在していくのか?

 もう一つの問題、インターネットはグローバル情報ネットワークであり、このネットワークには国境が存在しない、だが、現在世界で「支払い会社」を主体とするオンライン支払い方式には国境が存在する、特に主権通貨の国では、資金の流動は更に厳格な管制が受けており、スムーズなグローバル支払いを実現するには、ほとんど不可能である。

 すると一つのパラドックスが現われた:将来で永久に存在するグローバル情報システムの中で、その価値伝送は特定の時間帯、特定のエリア、しかも空手形を担体とする支払いシステムに頼っている、これはロジックに符号するのか?

ブロックチェーンは一つの全く新しいネットワーク価値ロジックである!

 ブロックチェーン自身はインターネットに基づいて構成した価値伝送システムである、ビットコインの発展でブロックチェーンの価値がようやく発見されたが、マクロの角度から見ると、ブロックチェーンこそはインターネットと密着している存在である、そしてビットコインはブロックチェーン技術の一つの傑出な応用に過ぎない。

 ブロックチェーン技術の核心は分散式のノードのデータ管理システムであり、そしてインターネット自身に分散式計算の技術基礎と施設基礎がある。ブロックチェーンは生まれつきでインターネットに嵌め込むことができ、インターネット基礎施設の一部のなれる。

 ブロックチェーンの発展は漸進する過程がある、最初の段階では「新しい概念」の方式で現われるが、ブロックチェーン開発の整備に伴い、益々多くのブロックチェーンはインターネットの重要な組成部分になり、密着した関係を形成する。この段階では、ブロックチェーン自身だけでも巨大な価値が包容できる、そして現実世界での価値も少しずつこのもっと安全なシステムに移転するかと思われる。

 ブロックチェーン技術とインターネットのシームレスな相生関係のため、理論上はブロックチェーンが永久にインターネットで価値をストアすることができる、同時に、ブロックチェーン自身の国境なしの特性により、ブロックチェーンにストアしている価値は天然に国境なしの特徴を備えた。

 いわゆる財産とは、必ず流通性があってこそ財産だと言える。金山であっても、もし取引性と流通性がなくて、証券化の方式もなければ、土と本質的な区別がない。しかし資産をブロックチェーン化にすれば、即刻にグローバル的な流通性を有するようになり、グローバル流通意義がある本当の財産になるのである。

世界を変える三回目の重大な変革

 インターネットが誕生してから現在に至り、たった30年の時間で、人類の生活に対する変化は、考えられないほど不思議である。

全てがインターネットへ移転している!

 気づいているかどうかに関わらず、実際はこの過程がすでに発生している。人類はインターネットへ移転しているのは、新大陸を発見した後にこの新大陸へ移転するのと同じように自然である。

一つ目の移転は情報フローである

 ネットワークが最初に人々に齎したのは情報交流の便利性である、音楽の共有からニュース情報まで、ネットワークは全ての情報フローを包容した。

二つ目の移転はライフスタイルである

 ネットワークはすでに生活におけるほとんどのサービス需要を満足している。ある程度の都市で生活している人にとって、とある需要があれば、ネットワークで見つけるのはすでに大半の人の習慣になっている、生活の各部分はすでにネットワークを密接に関連している。

三つ目の移転は価値資産である

 益々多くの人はネットワークを通じて自分の資産をストアしており、インターネットわ銀行と同じようにしようしている、これはすでに多くの人の「習慣」になっている。

 しかし、インターネット上に存在する「法的通貨」は本質上空手形であるので、大半の人にとって、銀行に預金している貯金とさほど区別がない。

重点が現われた:

 ブロックチェーン資産の「公開透明」、「氾濫した発行が不可」、「略奪不能」が原因で、ブロックチェーン資産は新しい「インターネット資産」の形式になっている。同じ一元のお金でも、同じ瞬間でそれぞれ空手形とブロックチェーンにある、ブロックチェーン資産の上記特性により、暫くしたらその価格が巨大な差異が発生するかもしれない、空手形にある1元は1元のままだが、ブロックチェーンにある1元は、数百、数千倍で値上がりするかもしれない。(エテリアムとビットコインを参考してください)。

大半の人にとって、資産がブロックチェーンシステムへの移転は価値増加が獲得できるのは未だに巨大な秘密である!

 法的通貨を価値があるブロックチェーン資産に両替するのは、ブレトンウッズ体制が崩壊する寸前の時に、ドルを全部ゴールドに買えたのと同じである、あの時35ドルで1オンスのゴールドが買えた、その後ゴールドの価格は常に上がったり下がったりしているが、ドルと比べると、長期的な値上がりの勢いが止められないものである。

 もしもっと多くの人がブロックチェーンにある資産が「ゴールド」に匹敵し、流通している法的通貨は中央銀行の空手形にすぎないことが分かれば、将来のかなり長い時間で、いつ資産をブロックチェーンに移転しても正しいと意味する。唯一考慮しないといけないのは、移転したブロックチェーン資産は、将来で以前とたくさんの人に受け入れられるかどうか、充分のネットワーク効果があるかどうかである。(ある程度「配置」の重要性を解釈した)

 はっきり認識しないといけないのは:あらゆる政府、機構、組織は何れも生命周期があが、財産は永遠に存在するものである。ブロックチェーンがあったから、個人として、予約「永続」の財産が持てるようになった。これは人類が「国家通貨」を使用し始めて以来、最大な財産チャンスであり、唯一である!最終的に、人類の大半の財産がブロックチェーンの方式でネットワークに存在することは、止められない傾向であり、ブロックチェーンでどれくらいの価値がある資産を持っているのは、必ず東京でどれくらい家を持っているよりも重要である。

 将来は人類自身もインターネットへ移転する

 この観点を書く時に実はすこし心細かった、初めてこの言い方を見る人にとっては、軽蔑されるのはまだいい結果だと思う。しかし「人類略史」(作者:ジュバル・ガラリ)を読んだことがある人にとっては、私が言ったのは将来の基本事実であるかもしれない。

 モール定律の計算によると、インターネットとチップが人類の意識情報がストアできるようなるまで30年も掛からない、資産が完全にインターネットに属している以上、意識をインターネットーに移転するのもおかしくない、財産を他の国に移転して、本人が自国に住んでいるのと同じように、ごく普通のことである。この過程中には必ず色んな挑戦が待っているが、個人にとっては、意識形態の自分を受け入れるのと自分の意識が徹底的に消えるのと、その選択はどの国に住むのかを選ぶより難しくはないと思う。人類が現在の現実世界からインターネットの方式での存在へ移転するのは、炭素系文明から珪素系文明へ進化する必然な方式である。

所有しているブロックチェーン資産はいつ売り出すのか?

 今回の文章は、実はたくさんの人がずっと聞きたかったのに聞けなかった質問に答えている:長期的にブロックチェーン資産を持っていれば良いとのことだが、一体いつ売ったら最適なのか?

 もし人民元をただの現金であり、ブロックチェーン資産の所有もただの投資方式としか視していないなら、利益が充分獲得した時に、いつでも売ればよい。

 私自身、及び周りの人たちにとって、我々はブロックチェーン資産を現金であり、法的通貨は空手形にすぎないと考えている。あらゆる時でも、チャンスがあればキャッシングして行く、ただし、私たちのキャッシングは空手形を現金に買えている。なので私たちの取って、いつ現金を売り出すかという問題が存在しない、我々が持っている資産がすでに100倍も上がっているにも関わらず!世界でここまで流動性がいい資産を空手形に変える必要なんかはない。