先日、北大光華と度小満金融科学技術連合実験室は「度小満分布式金融技術白書」を発表しました。「白書」によると、分散型金融の全体的な傾向は良好であるが、技術、性能、拡張性、安全性などの諸要素の制約に直面している。「白書」はブロックチェーンの応用シーンも予測しており、将来本当に大規模な応用のブロックチェーンシーンは「金融+デジタル化+モノのインターネット」の方向で発生する。「白書」は、現在制約されている発展には三つの挑戦があると指摘しています。技術面では、性能、拡張性、クロスプラットフォーム協力、安全プライバシー問題が目立っています。これらの問題は分散型金融の発展を制約する肝心な点である。ブロックチェーンはすでに1年沈黙しました。現在の分布式金融分野にはまだ模範項目が現れていません。応用は一般的に未成熟で、業界全体の自信も足りません。良いニュースは政策の利益で、ブロックチェーンに春風をもたらします。「白書」では、ブロックチェーンはまもなく盛んな発展の時期を迎えますが、技術自体に回帰し、宣伝と誇張を避けてこそ、業界の持続的な健康発展の原動力です。同時に、白書は「デジタル化+資産化+新金融」を特徴とする歴史的な機会が到来していると分析しています。これは分散型金融発展の最大のブースターになります。