人民網6月8日の記事によると、昨年9月、中央銀行、中央ネットワークインフォメーションオフィスなど7つの部門が各種トークンの発行及び資金調達活動を即時停止の要求を共同発表して以来、最近中央銀行の役員は現在国内のビットコイン取引プラットフォームで初めてトークンの発行(ICO)、クリーンアップ・修正及び取り締まりは基本的に完了していると示したという。違法資金調達部レベルの合同会議では、中央銀行、SFC、最高人民裁判所など11箇所関係省庁の責任者が共に出席した。中央銀行会議で中央銀行は不法資金調達の疑いのある「仮想通貨」に関連する行動を厳重に打撃し、不法資金調達と不法証券取引が疑われるICOとビットコインなどの仮想通貨取引所に対し、中央銀行は関連部門と連携して、アナウンスをタイムリーに発行し、態度を明確にし、リスクを警告し、各地に改善してもらうよう配置すると示した。