テクノロジーの大手会社アップル社は開発者ガイドを更新し、ビットコインなどの仮想通貨の「マイニング」を明確に禁止した。新ルールは電力消費量の大きいまた携帯電話を過熱化する或は設備に必要のない圧力の使用をする―ビットコインのマイニングを規制している。アップルは「アプリケーションは、そこに表示されるサードパーティの広告を含めて、無関係のバックグラウンドプロセスを実行することを許可しないことがある。例えばビットコインのマイニングである」と公式声明で述べている。巨大なエネルギー消費と限られた機器容量のため、誰かがiPhoneやiPad上でビットコインを正常に「マイニング」することはできない。しかし、アップルの動きは先取り的に将来の状況を禁止したり、これらのデバイスでエネルギー集約型のデジタル通貨マイニングを削減したり、複数のデバイスの使用を停止することでこの目標を達成する。