FCoinJP116日の「スーパー配当」の予定を発表:スーパー配当の攻略を解説



 日本仮想通貨メディア、デジタルジャーナルにより、FCoinJP116日に盛大な「スーパー配当」のイベントを用意したと伝えている。



1FJとは?


FCoinJP20186月、有名取引所FCoinが日本のチームと組んで立ち上げた仮想通貨取引所であり、創立されてから間も無く、驚愕な取引量によって世界一の座に登り詰めた異例の代表でもある。

FCoinJP116日における「スーパー配当」に関して、新規ユーザーたちのリクエストに合わせて、ここでFCoinJPの「スーパー配当」に関する攻略を解説する。


2、マイニングと配当の方法は? 


「取引マイニング」というのは、ユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinJPToken(トークン)「FJ」として100%キャッシュバックするものである。例えば、あるユーザーは取引所で頻繁に取引し、一つのETHを手数料として徴収されたとする。そうすると、次の日にこのユーザーのアカウントに一つのETHが返還されることになる。以下の漫画でこのメカニズムを分かりやすく説明したので、是非ご覧いただきたい。

1105-01.jpg


3FCoinJP「スーパー配当」の攻略


 配当を獲得するためには、「ロックアップ」が必要である。これは株式の売買と同じく、短期売買を目的としている利用者は配当の対象外になる。それに対し、長期投資目的の所有者のみ配当の対象となるのである。

 もちろん、「ロックアップ」は固定された選択肢ではなく、ユーザーが即時取引を開始したい場合には、いつでも「ロックアップ」を解除することができる。ただし、解除は24時間過ぎてから有効とされる。詳細は、以下の漫画をご覧いただきたい。

1105-02.png


 116日は、FJ初の配当日となるため、FJは配分可能な累積収益1039BTC(当時の最新データを基準に)を一斉に振り分けると伝えている。現在、FJ116日における配当率は大体70%であり、116日以降、FJは毎日配当を行う。


1105-03.jpg

1105-04.png


4FJ「スーパー配当日」が終了した後の各種判断に関して


 FJのスーパー配当日が一旦終了すると、予想される二つの市場現象は次の通りである。


1、一部の資金が流出してしまう恐れがあるが、その原因は投機目的のマイナーたちが離れたことに起因する。それによって、市場価格が回帰してしまうが、ただし、価格の下落は再び人々の購買意欲を呼び起こし、再び購入へと動き出すわけだが、FJの配当メカニズムを意識したためである。

また、FJの配当メカニズムを見ると、3カ月前後でポジションのコストを取り戻すことが可能である。こうしてみると、FJは依然として優良な投資商品であることがわかる。


2、仮に多くの人々がFJの配当メカニズムを認識し、それによって大量のユーザーが参入することになると、スーパー配当日の後暴落してしまう可能性は非常に低い。逆に、激しい価格変動を引き起こしながら、徐々に回帰することになる。従って、7日以降の価格変動を心配する必要がなく、何故なら、価格がやや下落したとて、その配当メカニズムによってまたすぐに元へ戻るからである。


5Fcoinの「FT」の事例を参照


 今年FCoinは中国で上場を果たし、FTの累積収益の配当は非常に高い位置に維持されている。理論上、25枚のETH(現在の価値は約57万円)で約100万枚のFTを獲得することができるが、現在の配当を見ると約1億円に達している。FCoinの場合、初の配当日には大量のユーザーが参入したが、次のデータをご覧いただきたい。

1105-05.png



 これに対し、日本のあるKOLは、日本のユーザーはFJの配当を体験した後、徐々にFJのモデルに惹かれると述べた。ツイッターの価値を創出しているのは、その膨大なユーザー群だが、それによってツイッターのユーザーが、相応な報酬として株式などを配当されたわけではない。ツイッターの核心的な資産は何か。答えはユーザーである。しかし、ユーザーはツイッターに膨大な利益をもたらした一方、そのプラットフォームから得る利益は皆無に等しい。

 その点において、FCoinJPプラットフォームの最終的な所有者はユーザーであり、と同時に、最終的な収益者として配当に参加できる。FCoinJPは日本に新たなトークンエコノミーをもたらしたが、果たして、日本でトークンエコノミーの革命を引き起こすことができるだろうか。