2018年6月10日のCoinGeek会議でSechetは、2017年8月には、プールで処理された取引の数が大幅に上昇した場合、ブロックの間隔を減らす考えが初めて出されたと説明した。Sechetは、時には取引を処理するために1日分の時間を必要とし、そのコストはまだ上昇している。Sechetは最初にBCHのブロックブロックの間隔を3秒に短縮するのが良いと考えていたが、新しいブロックを意識してすぐに生成することはできない。1つの技術上で可能な解決案は2分の間隔で、マイニング労働者が取引を検証してそれを分類の帳簿にアップロードすることを許可します。この方法で、ビットコインの現金協議で処理された取引は、「VISAのように一秒以内の取引」としている。Sechetでは、BCH開発チームは、ブロックのサイズを32 MBに増やす努力をしており、「ビットコイン無限」(Bitcoin Unlimited)の努力を指摘しています。一部の人は、ブロックのサイズの増加が既存の標準に対する改善であると考えている。