アメリカの石炭採掘会社New Mining Consultants Incは、Pangea capitalを通じて、シンガポールのSharesChain基金と戦略協力協議を締結した。そして、SharesChainメインネットワーク上で、その傘下の実体資産をブロックチェーンネットワークにマッピングし、資産集約と管理を実現する計画だ。New Mining Consultants Inc社は西バージニア州に本社を置く。石炭の埋蔵量は4.65億ドルで、2018年の生産量は18万トンで、2020年には200万トンに拡大する計画だ。New Mining Consultants Incは、実体の資産上のブロックチェーンを提供する底辺の技術開発サービスプロバイダを評価し、将来のSharesChainとのさらなる協力を期待している。SharesChain公式情報はSCTKは6月中下旬のオンラインbit-z取引所で始まることを明らかにした。