これまで言われ続けているメインネットワークオンラインとは一体何か?

2018年プロジェクトメインネットワークオンラインタイム大全

 最近数多くのプロジェクトがメインネットワークのオンラインを準備している、社長にメインネットワークが一体何なのかを聞く人がたくさんいる。では、皆さんにメインネットワークオンラインの重要性を説明しよう。

メインネットワークオンラインの意義

なぜ、仮想通貨のメインネットワークオンラインは、ランドマークな進展であるのか?

なぜ、オフィシャルはメインネットワークオンラインという事件を特に重要視しているのか?

どうして、仮想通貨の取引者は特定の仮想通貨がメインネットワークオンラインについて注目しているのか?

まず、ブロックチェーンはメインネットワークをオンラインにして初めて認められる。この仮想トークンは本当に我々が創造している用途に使用することができる。つまり、仮想通貨がパブリックチェーンへの変更である。ブロックチェーンがネットワークのオンラインする前に買った物の価値はある意味空気である。

 もし購入した仮想通貨がメインネットワークになければ、それはただのリスク投資品にでしかない。リスク投資は非常に人気がある一方で、投資者が認識しているのは成功時の報道だけであり、中には失敗した例も多くある、つまりプロジェクト側が連絡取れずに夜逃げしたということである。(この製品を扱うことが出来ない人間であれば、どうすることもできない)、なので、メインネットワークにオンラインした仮想トークンこそ、本当のトークンであり、ユーザーに安心して使用してもらえるのである。

仮想通貨は本当に用途があるのか?

 もちろん!仮想通貨の登場は法的通貨を対抗するためである、しかも金融法的通貨という概念だけではない、ブロックチェーンの脱中央化の属性は、人々に無窮な創造を与えており、事実上、それらの想像は何も空論だけというわけではない。全ての物事の存在にも根源がありますが、仮想通貨の競争者や反対者は、非現実的なドラマを想像させ、頭の中にお花畑を菜園するように他人に伝えるようなもので。実際に内容としては、マルチ商法であり、詐欺的なものであるため厳しく取り締りをしなければならない、しかし、数多くの仮想通貨愛好者がいるが、彼らは全員騙されやすい人になってしまうのか。

 仮想通貨に関してメインネットワークにオンラインする前でも、通貨の購入や販売など取引行為が出来るのか?と聞く人がいる。その通りある、確かに取引と売買が可能である、例えばBytomチェーンETHの下erc20(Bytomチェーンはパブリックチェーンであり、後で他の通貨、特に発行する財務コンセプトにも使用できます)。メインネットワークにオンラインする前に、他のパブリックチェーン仮想通貨のブロックチェーンを使用していたが、メインネットワークにオンライン後は、それ自体がブロックチェーンとなる。

前述は基本的な話であり、玄人なら皆が理解できるので、軽く触れるようだけにして、次は簡単に重点を述べよう。

メインネットワークオンラインすれば、自分のパソコンのウォレットでこの仮想通貨を保存することができる。仮想通貨愛好者が仮想通貨を所有する方法は二つあって、一つは取引所、もう一つは個人パソコンウォレットである。メインネットワークにオンラインするまで、erc20ウォレットはインターネットでプライバシーキーを提出しなければならない。本当に数十万、数百万の資金を握っている人達にとってこのことは非常に不可解であった。

結果としてユーザーが激増するたびに段階的な変化が表れてくる、簡略していえば下記の点が挙げられている。

1.メインネットワークにオンラインすれば、同期の措置により、多くの取引所にログインできる。

2.メインネットワークにオンラインすれば、プロジェクトが着地でき、プロジェクト対してリスクを躊躇しているグループが安心して、介入し始める

3.メインネットワークにオンラインすれば、ブロックチェーンのプロジェクトアプリケーションが正式に開始され、該当プロジェクトに基づく新たなプロジェクトが絶えず現われるようになる。

結果:該当バーチャルトークンが必要とするユーザー量が大きく激増

4.個別なブロックチェーンにマインニング機能があり、同時に大量のマイナーが参与する。例を上げれば中国のマイナー数は約30万人を超える規模である。

5.メインネットワークにオンラインすれば、より多くの開発者とコミュニティ参加者に対して参加させることができる

 メインネットワークのオンラインは仮想通貨の価値に大きな影響があるが、価値は多種の要素に決められるので、本文を通じて新人の各位に役に立てればと期待している。同時にこの文章を見ているのだが躊躇しているプロジェクト側はすぐにでも仕事をして欲しい、投資者が投入しているのは本当のお金なので、空気のようなトークンを発行したら、さじを投げるようなプロジェクトはよいプロジェクトとは言えない、この業界に入った以上、投資された資金に対して何らかのお返しをしないといけないのである。

 最後に社長は歴史上のメインネットワークにオンラインした後のプロジェクトに対して追跡を行った、大半のプロジェクトはメインネットワークにオンラインした後に、価格が下落している傾向があるようで、これを読んだ皆様にはメインネットワークのオンラインの為にホットポイントを追いかけないように注意したいと伝えたい。