最近の相場で多くのプレイヤーが徹底的に自身を失っている。実は相場が悪い理由が非常に明確である、これらの弱気情報が分かれば、弱気の後の強気の起点がどこにあるかが分かる。

 1、ビットコインのPOW構造はそれが全能型の支払い通貨になれず、通貨の価値保存機能しか担えないのを決めた。そしてこの機能は全体の市場に伴って浮かび上がっている。市場には大きな基本面の変化がなく、ブロックチェーンに対する価値の認めはもっと大きなグループに拡散できない、ビットコインの価格が安定器の役割しか果たせない。同時に各種の新しいプロジェクトも爆発の空間がない。

 2、基本面とは着地アプリケーションのことである、ここでいう着地アプリケーションはテンセントアリババが商品遡源、国際貿易、公益慈善でのアプリケーションではなく、流通市場で買ったり売ったりすることでもなく、本当にTokenで経済活動の産出を取り替えるアプリケーションである。

 現実は、統計によると、エテリアムに今ランニングしているDAPPが400個あまりしかなく、性能は小さいツール類のアプリケーションの存在しか足りない。我々は今のところTokenと経済産出が関連する大規模な効果が見られていない。

 去年半年もブームになって、各プロジェクトが何れも自分が某業界の八交換を転覆すると標榜していた。実際このような基本面が、描いた餅が市場が食い飽きて、一級市場が一口食って、二級市場に流されると、引き受ける人がいない。

 3、政策上は、各国が基本的に全部ブロックチェーンの価値が認識できているが、これは本当に立国の根本に触れており、経済活動から経済産出の交換、さらにバーチャル経済領域まで、一国の内部からから国対国の間まで、国が大きいほど処理に気をつけないといけない、急がずに時間が必要。

 変局は三つあって、その内二点がEOSと関係がある:

 1、EOSが六月にオンラインしたが、たくさんの人が技術問題を心配していた、実はSteemとBtsを使った人ならみんな分かっているが、EOSが二人の先輩の性能に達することが出来れば、概念の認証には十分である。注意して欲しいのは、性能の最大化を成功するかどうかのポイントに視しないこと。その時Tokenは本当に資源を支配する作用があって、速くランニングできるEOSが数個あれば、人々に希望が与えられる。

 2、今までEOSの一年間の超長いクラウドファンディング期間に対して不理解ひいては冷やかしている人が多かった、気が狂うほど金儲けがしたくても、自分の認知の向上を手遅れにしてはいけない。EOSの核心価値は技術ではなく、それが技術を使って実現したDAO生態ガバナンス構造である。分かりや九区言えば、BMがいるがいるまいがEOSがきちんと運営できる、BlockOneが活動経費を与えるかどうかに関わらず、参与して一緒にやって行こうとする大資本がある。

 EOSプロジェクトが一つのブロックチェーン生態があるべき姿をはっきり描いた:創始チームは生態の重要な推進者だけであり、独裁者ではない;Tokenは生態価値に対する請求権を体表し、システムが運行する前にコンセンサスがある全員に平等な機会で共有するべきである(貧富と地位を問わず、認めてくれれば同様なチャンスがある。)

 この二点は非常に重要で、たくさんの延伸した意義はあなたに同じ情報に対する全く正反対の判断を与えることができる。例えばBMがオンラインしてからすぐ離れることができれば、実際はいいニュースである(彼は否認したものの)。またはEOS TOKENとBlockOne会社の管理権と何も関係がなく、BlockOneはEOS TOKENに対して一切責任を負わないと宣告したのも実際は上昇ニュースである。

 我々が幻想したブロックチェーン経済は6月からすでに運行し始めた、あれらのDAPP開発者、世界に分散しているノード候補者は一生懸命準備しており、実に興奮させることである。

 3、法定デジタル通貨をICOの管理監督は必ずやらないといけない。

 大国には大国の国情があるので慎重にしないといけないのだが、ベネゼラのような小さな国はすでに動き出して、一部の発展途中国も動き出して、レギュラーの寂しい主流国も動き出した。ここ半年で、たくさんのことが起きる、経験でも教訓でもこの新しい事物に対する実在する推進である。ちなみに管理監督に対する態度を話そう:管理監督が怖くない、怖いのは管理監督がないことである。管理してくれるならいいことであり、言われたとおりにやって、どこが発展されたらどこを先にやればよい。

 あなたの考えは?書き込みを残してもらって討論しよう!