2018年に入って仮想通貨市場は、大きな変化を見せた。大きな流動性を持たないステーブルコインが仮想通貨の時価総額ランキングのトップ10に入ったこと、ビットコインキャッシュをリップルの時価総額を超えたことなどは仮想通貨市場に大きな衝撃を与えた。

 

 

また、リップルネットは2017年の時点で100社以上と提携を結んでおり、今回リップルネットでは既に200社以上の金融関係企業と提携を結んでいることを発表した。

 

・リップルネットの拡大について

リップルは現在、仮想通貨市場でもっとも大きなネットワークを持っていると言っても過言ではない。リップルネットだけでなく、XRapid や貧困層に向けた新たなプロジェクトも開始している。

 

また、2018年9月の段階では、Ripple 社のC EOであるラルセン氏は、リップルネットの提携企業は100社以上と述べていた。9月の急激な値上がりと市場にとっての好材料が増加したことから、それまでリップルに関心を抱きつつも懐疑的だった企業がリップルネットに参画する形となった為だろう。

 

つまり、リップルが仮想通貨市場で存在感を示し続ける限り、リップルネットへの参画企業は増加していく傾向にあると言える。リップルネットへの参画企業は、中小企業もあれば日本のメガバンクやAmerican Express など非常に幅広い企業と提携を行っており、プロジェクトの信用性は非常に高い。

 

もっとも、リップルに対抗するようなプラットフォームもできつつある。例えば、Stellar とIBM のBW Wは、リップルネットと使用用途として類似しており、将来的に競合して可能性もある。日本国内では、国内の決済に限られてはいるものの、独自のプラットフォームも開発されることが発表された。

 

その上でリップルは、リップルネットだけではない新しいプロジェクトを次々と打ち出しており、今後も仮想通貨市場を盛り上げていくことは間違いないだろう。ビットコインなどのように流通通貨としても注目を浴び始めていることから、アプリの普及などによってリップルが仮想通貨市場に更に大きな影響を与える存在となる日もそう遠い未来ではない。