図1.png


Opiria:ブロックチェーンによる消費者情報マーケットプレイス


現在この世界ではインターネットによって企業が新製品や新しいサービスをすべて、迅速に展開させることができます。しかし、そのすべてがやりがいのある方法とは言えません。なぜなら企業は、トレンドの迅速な分析し、自社が持つ製品やサービスに関して、市場調査を行いフォローアップしていく必要があります。しかし、この分析と調査においてフィードバックが無ければ、企業は顧客との間に理解を得ることなく、ほとんどの製品は失敗し大きな損害を被ります。

 

Opiniaとは

Opiniaは、企業が消費者データを収集と分析を行いビジネス判断を下すことを可能にする、ブロックチェーンを使った世界規模の分散型マーケットプレイスです。また、消費者の情報はプライバシーを完全な保護下での管理によって、匿名化され保護されます。また、その消費者のデータは企業からPDATAトークンによる支払いによって共有されます。PDATAトークンはブロックチェーンのスマートコントラクトによって、個人情報の価値を見出し、取引を可能にする通貨です。

Opiriaは2015年に設立した企業で、顧客は世界中にあり、その中にはBMW、アウディ、メルセデス、フォルクスワーゲン、GM、日産、P&G、インテルといった“Fortune500”に入る有名企業も含まれており、これらの企業が持つ何百もの顧客が実用的な製品やサービスを利用することで数百万もの売り上げの達成に貢献し、Opiriaの収益と顧客数は過去3年間で毎年3倍に増え続けています。

 

Opiriaの急成長

2019年になって、より多くのFortune500に入っている企業がクライアントとしてフォローしており、将来的にOpiria市場への顧客となるでしょう。正式発表はまだですが、下記の写真にOpriaのCEOであるDr. Christion Langeが過去2か月間に行ったカスタマーミーティングでの活動と概観をお見せします。


02.png


Audi AGのDr. Wolfram RemlingerはOpiriaのアドバイザーです。彼はB2C企業が高付加価値の顧客志向のソリューションを設計するために何が必要かをOpriaはよく理解しているため、プロジェクトが非常に成功しており、世界中の企業が今後どのようにして消費者情報を収集と分析行為に大きな影響を与えるだろう、と語っています。


私たちの信念

 

私たちの信念は、すべての消費者が企業に提供する消費者情報をより適切な管理の下で公平に保証されるべきであると考えています。現在の状況では、企業もまた、信用度の低いデータや捏造された消費者データを購入させられる危険性もあります。OpiriaはPDATAトークンを使用することで的確で正確な消費者データを提供するための安全な環境を消費者に提供することでチャンスをつかむというゲームに対して変革を行います。

 

現在の問題

世界中の企業では、必死になって欲求を高められるようなマーケティングや販売活動を目標にした製品やサービスを設計するために、消費者データを必要としており、彼らにおけるニーズと要求への理解する必要があります。なぜなら消費者のニーズと要求を理解できないために、70­-80%の革新的な新製品が失敗し、毎年何十億もの投資が失敗しています。今日、企業は消費者から消費データを購入するために年間で2,500億ドルもの支出をしており、この市場は年間で約13%の割合で成長しています。

 

Opiria Marketplaceによる問題解決

企業と顧客および消費者の間に強い絆を作るために、私たちは、双方が直接関わることができるエコシステムを提供するためにOpiria Marketplace を構築しています。この新しい市場は自由市場に基づいた単純な公式で運営されており、企業は消費者データをPDTAトークンによって消費者から直接購入することができます。Opiriaのプラットフォームでは消費者データに関する具体的な価値を見出し、需要と供給を経済学をもってより正確な価値をPDATAトークンで表し作成します。また、消費者の情報はプライバシーを完全な保護下での管理によって、匿名化されほごされます。消費者のデータは企業からPDATAトークンによる支払いによって共有され、PDATAトークンはブロックチェーンのスマートコントラクトによって、個人情報の価値を見出し、通貨によって取引を可能にすることができます。

ユーザーは、Web閲覧における快適性と視線計測、感情分析、位置データ、オンライン購入、SNSデータ、ウェラブル、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスによるデータ使用量などを含んだ幅広いデータとフィードバックを販売することができます。



スクリーンショット 2019-05-10 15.17.35.png


PDATA token 公平なトレーダーへ報酬

企業は消費者データを購入する際にOpiria MarketplaceでPDATAトークンを利用して購入することができます。つまり、PDATAトークンはエコシステムにおける主要な取引媒体として機能します。報酬額は販売されるデータの種類と量によって変動します。この価格範囲は1ドルの簡単な調査から、一か月間のウェブ調査やオンラインショッピングのデータを売るために100ドルまで上げることが可能です。一方で企業は消費者から消費データを購入するために、世界各所にある取引所からPDATAトークンを購入する必要があります。消費者はトークンを保有または、現金化することができます。下記の図では、Opinionの市場内で企業と消費者が増加するにつれて自動的に大量の取引が行われる、独自のトークン経済を示しています。


06.png