聚焦台湾のニュースによると、台湾の「裁判所」は、反マネーロンダリングやテロ対策法案を可決した。これらの法律は、ビットコインなどのデジタル通貨の取引を規範化し、ネットワーク上の金融犯罪に打撃を与えることを助ける。「マネーロンダリング規制法」と「テロ防止法」の改正案が、台湾の「金融監督委員会」(FSC)が匿名のデジタル通貨取引に打撃を与えた。新しい規定によると、FSCは現在、デジタル通貨プラットフォームの運営者に「実名制」を実施するように要求することができる。