SBI グループは企業の中核としてブロックチェーン事業を中核においている。もちろんすべての事業をブロックチェーンによって管理するわけではないものの、企業としてブロックチェーン技術に対する期待度は日本の企業の中でも特に高いと言えるだろう。

 

その上で、2019年4月24日仮想通貨ウォレットであれスマートカードの製作者であるタンゲムはSBI グループから約17億円の資金を調達したことを発表した。SBIグループとしてもタンゲムの新しい取り組みに対して大きくサポートする形となった。

 

タンゲムは、ウォレットの機能を果たしながらも姿勢と同じような見た目のスマートカードの開発に取り組んでいる企業だ。紙幣と同じように薄いカードであればクレジットカードやデビットカードの代わりとなり得る可能性もある。また、日曜的に利用できる範囲が広がるか広がるほど仮想通貨やデジタル通貨に対する人々の抵抗感が薄まっていくことが考えられる。

 

人々の日常生活におけるブロックチェーン技術の応用はまだまだ少ないのが現状だ。例えば、銀行などによる送金では国際送金プラットフォームだけでなく国内の送金においても、ブロックチェーンが使用できる機会は少ない。システムそのものは稼働しているものもあるが、ブロックチェーン技術が一般的に普及してる期日とは言いがたい部分がある。

 

もちろん、日曜生活に必要なインフラとしてブロックチェーン技術が採用された場合にはほぼすべての人々がその存在に対して抵抗持つことはなくなるだろう。しかし、現状では一部の人々や企業によってブロックチェーン技術が使用されている状態であり、適正な復旧が行われているかはまた別の問題だ。

 

しかし、仮想通貨を利用したデビットカードが登場していることから国際ブランドなどでも仮想通貨に対する理解があることが予想できる。その上で、仮想通貨が安定的な支払い手段として人々に普及することが今後の仮想通貨における課題となっていくだろう。