ジャスダックは、既に株式市場において非常に強い影響力を持つ市場を提供している。また、株式上場市場としてジャスダックに上場していることは、企業のステータスにもなる。

 

そして、かねて噂されてきたビットコインの先物上場計画が正式なものとしてジャスダックから発表された。

 

・ジャスダックのビットコイン先物上場について

仮想通貨市場に向けたサービスを発表している企業の中で、ジャスダックやフィデリティは現在の市場の状況を塗り替えるほどの影響力がある。

 

どれも既存の市場において、非常に有力な企業であり、自社で取り扱う資金は小国家の国家予算にも匹敵するほど巨大なものだ。

 

また、ジャスダックのビットコイン先物上場は、仮想通貨決済プラットフォームであるBakktと同様の時期に行われる。つまり、2019年前半に仮想通貨市場において大きなプラスとなり得るサービスの開始が既に決定していると言えるだろう。

 

加えて言えば、SEC やCFTCの認可がジャスダックの先物取引に対しても影響力を持っている。ジャスダックの参入によってETFが認められる可能性が高まったと言っても過言ではないだろう。

 

SECのクレイトン委員長もETFを認める要件として、市場のリスクの軽減に対して言及しており、ジャスダックやフィデリティの市場参入によって、仮想通貨市場の不安定な立ち位置は改善されると見ていいだろう。

 

もちろん、SEC の仮想通貨市場を潰してしまうことは望んでいない。しかし、現状では、新しいサービスを認めること自体にリスクがつきまとう。その上で、ジャスダックやフィデリティが本格的な仮想通貨市場参入を表明したことは、市場に対する大きな変化だと言える。

 

 

今後、アメリカの仮想通貨市場では、次々と新しいサービスが参入することが発表されている。つまり、ETF やビットコインの先物取引に対するリスクは将来的に解決される可能性が高い。

 

そのうえで、フィデリティやジャスダックのサービスの本格的な始動によって仮想通貨市場の状態が大きく転換することも予想される。そのため、今後のフィデリティやジャスダックの動向に注目していこう。